3代目「ジープ・グランドチェロキー」の高性能モデル「SRT8」が、チューンアップされた日産「GT-R」ランボルギーニ「アヴェンタドール」とドラッグレースで勝負して圧勝する、という映像をご紹介しよう。

レースに参戦したSRT8は、もちろん、ただのジープではない。オーナーによれば、そのボンネットの下にはツインターボ付き449立方インチ(約7.4リッター)のV8エンジンを搭載。ブースト圧は14psiほどで、出力は840hpにまで向上しているという。その気になれば1200hpまで上げられるそうだ。先代モデルにもかかわらず、同様にターボで過給したシボレー「コルベット」BMW「M3」といった強敵を次々と迎え撃つグランドチェロキーの姿は圧巻だ。

それでは早速、SUVとは思えないジープの走りをビデオでチェックしてみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Jeep Grand Cherokee SRT8

Related Gallery:2014 Jeep Grand Cherokee SRT Detroit 2013

【PR】ジープ・グランドチェロキーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!