マツダはYouTubeの公式チャンネルで、新型「マツダ ロードスター」のプロモーション・ビデオを公開している。その出来映えが素晴らしいので是非ともご紹介したい。

その1分52秒のビデオは、前半の47秒までクルマがほとんど映らない。画面に登場するのは、ルーフを開け放った2つのシートに座る幸せそうな人々の表情と、そこから見える美しい景色だけ。なのにこれだけでクルマ好きなら、マツダ ロードスターの映像だということが分かる。分からない人でも、きっとオープンカーに乗りたくなる。



続いて3台の歴代マツダ ロードスターが走り抜け、新型が姿を現すのはビデオの半分以上が過ぎてから。ソウルレッドに塗られた新しいロードスターは確かにカッコ良い。しかし、主役はあくまでも"乗る人"の方だということが観ている我々には分かる。

そして後半の20秒、「この映像は、世界中のロードスターオーナーの皆様のご協力により制作いたしました」というテロップに続いて、今や旧型となったロードスターとそれを愛するオーナーや恋人、友人が再び画面に登場。彼らの顔を見るだけで、どんな宣伝文句よりもマツダ ロードスターというクルマの魅力が心に響いてくる。



ご覧になればきっとあなたもロードスターに乗りたくなるはず。ただ、この映像が"新型"マツダ ロードスターのプロモーションとして少々問題だと思うのは、今すぐ乗りたくなってもまだ新型が発売されていないこと、そして多くのオーナーからこれだけ愛されている旧型のロードスターを、中古で探してみようかという気になってしまうこと。

新型マツダ ロードスターに関する話は、過去に掲載した記事に譲るとして、まずはこの素敵なビデオを是非ともご覧いただきたい。



マツダ ロードスター関連記事はこちらから。

By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mazda Roadster Thanks Day In Japan

Related Gallery:Mazda Roadster

【PR】ロードスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!