【ビデオ】真っ白な日産「リーフ」に青いペンキがドバっ..! 超撥水塗装を使ったどっきり映像
注目を集めるにはドッキリが一番。ということで日産が製作したこのビデオは、同社独自の「ウルトラ・エバー・ドライ」と呼ばれる新しいセルフクリーニング・ナノ塗装技術の宣伝のためのドッキリ映像だ。仕掛け人が、「リーフ」の車体に水性ペンキをこぼしても、ペンキは弾かれて垂れ落ちるだけ。隠しカメラには、通行人の「えっ、なんで!?」という顔がしっかりと映っている。

日産の「世界一クリーンなクルマ」キャンペーンの一貫として行われたこのドッキリは、排ガスを出さないリーフが"クリーン"であることと、汚れないという意味でも"クリーン"であることを掛けたものだ。

現在商品化を目指して開発中の「ウルトラ・エバー・ドライ」は、市販車の標準ペイントとして採用される予定はないが、アフターマーケットのオプションとしての導入を検討しているとのこと。今回のキャンペーンは、過去のホッキョクグマのCMのように電気自動車としてリーフを宣伝するのではなく、ユニークでクールな新技術を持った車としてリーフを宣伝しているあたりが新しい。

それでは早速、映像をご覧いただきたい。キャンペーン詳細についてはプレスリリース(英語)もどうぞ。




​By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2013 Nissan Leaf: First Drive Photos

Related Gallery:2011 Nissan Leaf: First Drive

【PR】「リーフ」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!