【レポート】スズキの次期「ジムニー」はフルモデルチェンジしても
Related Gallery:2013 Suzuki Jimny Photos

スズキは米国における4輪事業から撤退したものの、他地域向けには今なお多くの新型車を用意している。そのスズキが誇る小型SUV「ジムニー」(米国では「サムライ」の名で知られている)が、2017年にフルモデルチェンジするという情報が入ってきた。

ジムニーが最後にフルモデルチェンジしたのは1998年のこと。この小さなSUVは特に英国で一部マニアから人気を博した。車高が比較的高く、サイズはコンパクト、そして4輪駆動であるジムニーは場所を選ばず走れるため、農家から絶大な支持を得ているという。英人気番組『トップギア』のウェブサイトによると、ジムニーの次期型は前回のフルモデルチェンジから20年近い時を経て2017年の発売が予想されるという。ただし、英スズキが発表した2013年モデル(上の画像)では、フロントエンドに若干リフレッシュが施されている。

だが、次期型が軟派になることはないと思っていいだろう。ジムニーと同様に息の長いSUVであるランドローバー「ディフェンダー」は、幅広い顧客層にアピールするため、次期型では少々親しみやすくなるという噂がある。しかしスズキは、オフローダーとしての能力を可能な限り残しつつ、坂道発進をサポートするヒルホールドコントロールや、下り坂で速度を維持するヒルディセントコントロールなどの現代的なアシスタンスシステムを付加していくそうだ。「次期ジムニーは進化する。しかしコンセプトはこれまでと一緒。一目でジムニーだと分かるでしょう」と英スズキ販売のトップであるデイル・ワイアット氏は話し、さらに、「スコットランドの丘で牧羊を営む農家にとって完璧なモデルですから、コンセプトを変更することはありません」とオフローダーの神髄を貫く旨を述べた。

次期型も変わらずタフなモデルとなるなら、ジムニーで世界中を駆け回ったり雪道で巨大トラックをけん引したりする雄姿が今後も見られるに違いない。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2013 Suzuki Jimny Photos

Related Gallery:Suzuki Jimny Land Venture

【PR】ジムニーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!