TOYOTA WEC

11月30日、サンパウロにて開催されたFIA世界耐久選手権(WEC)最終戦サンパウロ大会にて、トヨタ・レーシングが2位と4位でゴールし、FIA世界耐久選手権の年間マニュファクチャラーズ・タイトルを獲得。また、今季で引退を表明していたアウディのトム クリステンセンが3位となり現役最後のトロフィーを獲得した。

Audi freute sich in Brasilien ueber ein versoehnliches Ergebnis beim Finale zur FIA-Langstrecken-Weltmeisterschaft WEC. Der Marke mit den Vier Ringen gelang in S o Paulo das sechste Podiumsergebnis der Saison. Damit sicherte sich Tom Kristensen in seinem letzten Profi-Rennen noch einmal einen Pokal. Audi schloss das Jahr auf Platz zwei in der Herstellerwertung ab, waehrend Marcel Faessler/Andr  Lotterer/Beno t Tr luyer (CH/D/F) Vize-Weltmeister in der Fahrerwertung wurden.

Related Gallery:Audi WEC

Related Gallery:TOYOTA WEC

Toyota Hybrid RacingWorld Endurance Championship. 6 Hours of Brazil. 27th-30th November 2014. Sao Paulo, Brazil. Toyota Hybrid RacingWorld Endurance Championship. 6 Hours of Brazil. 29th August-1st September 2013. Sao Paulo, Brazil.

今回のトヨタ・レーシングのタイトル獲得は、1953年に世界耐久選手権レースが始まって以来、日本自動車メーカー初となる年間タイトルを獲得。
トヨタ・レーシングは、1999年に世界ラリー選手権(WRC)でマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得後、今回の獲得で15年目ぶりに世界選手権を制覇。

Toyota Hybrid RacingWorld Endurance Championship. 6 Hours of Brazil. 27th-30th November 2014. Sao Paulo, Brazil. Toyota Hybrid RacingWorld Endurance Championship. 6 Hours of Brazil. 29th August-1st September 2013. Sao Paulo, Brazil.

2014年は、全8レース中5勝を挙げ、ポールポジションは4回獲得。表彰台にも全戦立ち、最速ラップを4回樹立。この勝利で、トヨタが開発した「トヨタ・ハイブリッド・システム・レーシング(THS-R)」に重要な足跡を残した。
モータースポーツでハイブリッド・システムを採用する計画は2006年に始まり、2007年7月北海道十勝スピードウェイで開催した十勝24時間レースでハイブリッド・システムを搭載したトヨタ・スープラが初優勝。この時にバッテリーに代わって採用された蓄電装置がスーパーキャパシタ
ハイブリッド・システムは地道な開発が続けられ、重量軽減、出力も自然吸気エンジンとモーターの組み合わせから1000馬力を発揮するまでになった。進化したTHS-Rを搭載した2014年のTS040 HYBRIDは、4輪駆動にもかかわらず2013年モデルと比べて25%もの燃費削減を可能にした。

2014 WEC Champions. Toyota Hybrid RacingWorld Endurance Championship. 6 Hours of Brazil. 27th-30th November 2014. Sao Paulo, Brazil.

トヨタ自動車株式会社 豊田章男 代表取締役社長は「トヨタのハイブリッド技術を結集し、WECへの挑戦を始めて3年目の今年、トヨタ・レーシングが、TS040 HYBRIDでドライバーズ、及びマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得出来たことを大変嬉しく思います。これまでご声援いただいたファンの皆様や、ご支援いただいたオフィシャルパートナーの皆様に感謝申し上げますと共に、シーズンを通じ、心をひとつに、全力で挑んだドライバーやチームスタッフほか関係者全員に"おめでとう、そしてありがとう"の言葉を贈りたいと思います。これから先もトヨタは、WECシリーズへの挑戦を通じ、ハイブリッドのさらなる技術革新を進めると共に、"もっといいクルマづくり"に活かしていきたいと思います。今後も引き続き、ご声援いただければ幸いに存じます。」と、語った。

Tom Kristensen

一方、アウディのトム クリステンセンは、前回のレースで今季限りでの現役引退を表明していた。引退レースとなった今大会で3位となり最後のレースでトロフィーを獲得。
トム クリステンセンは、ルーカス ディ グラッシロイック デュバルらとトリオを組んだル・マンで9回の優勝記録を持つ。

Audi R18 e-tron quattro #2 (Audi Sport Team Joest), Marcel Fässler, André Lotterer, Benoît Tréluyer Audi R18 e-tron quattro #1 (Audi Sport Team Joest), Tom Kristensen

今回のレース最終局面で、ゼッケン7号車のトヨタを相手に少ない燃料にも関わらずラップタイムでバトルを展開。ブラジル自動車協会からメダルが授与されたほか、土曜日にはLap of honorを受賞。ゼッケン1号車のAudi R18 e-tron quattroは車体に「Thanks Tom – Mister Le Mans'」のペイントが施され、ゴールではすべてのWEC参加チームがメッセージを掲げた。
表彰台でも彼を讃えるセレモニーが行われるなど、スポーツカー、GT、ツーリングカーを合わせ、アウディドライバーとして参戦し活躍を遂げた138レースを締めくくるフィナーレとなった。

Audi R18 e-tron quattro #1 (Audi Sport Team Joest), Lucas di Grassi, Loïc Duval, Tom Kristensen Audi R18 e-tron quattro #2 (Audi Sport Team Joest), Marcel Fässler, André Lotterer, Benoît Tréluyer

ゼッケン2号車にも表彰台獲得のチャンスはあったが、ブノワ トレルイエがレースラップを開始した直後、システムをリセットしなければならない事態が発生しコース途中でマシンを停止。
トレルイエはわずか30分、たった1人でマシンを修復し6番手でレースに復帰し、その後マシンを引き継いだアンドレ ロッテラーは、ファステストラップを記録するハイペースで周回を重ね、5番手まで浮上した。レースは、マーク ウェーバーのクラッシュによって介入したセフティカーによりレース途中で終了成立。
アウディはWEC3年目のシーズンを終え、2012年の開幕からの24戦で13回の優勝(勝率54%)。2012年と2013年には、ドライバーズならびにマニュファクチャラーズタイトルを獲得し、2014年シーズンのハイライトは、2000年以来続く13回目のル・マン24時間レース優勝。

Einer der ganz Grossen des Sports tritt ab: Le-Mans-Rekordsieger Tom Kristensen bestreitet Ende November in S o Paulo (Brasilien) sein letztes Rennen als Profirennfahrer. Der 47 Jahre alte Daene bleibt der Marke mit den Vier Ringen als Repraesentant und Partner von Audi Sport erhalten.

最終戦を終えた、トム クリステンセンは「みんなには、本当に感謝をしています。私は、アウディドライバーとして初めて参加した2000年のセブリングのレースで表彰台を獲得しましたが、最後のレースも、厳しい局面を乗り越え、表彰台獲得で締めくくることが出来ました。ピットストップの回数を減らすため、最後は燃料消費を極力抑えて走ることになっていましたが、それは私が担当するスティントでした。セフティカーが入るまで、その状況はとても厳しいものでした。初優勝を遂げたポルシェ、そしてタイトルを獲得したトヨタに、おめでとうと申し上げます。アウディというベストなチームと共にキャリアを過ごすことが出来た私は幸せでした。今週末は、私のキャリアの中で最高のものでした」と語り、レーサーとしての幕を閉じた。

Erstmals steigt das Finale der FIA-Langstrecken-Weltmeisterschaft WEC in Brasilien. Am 30. November wird in S o Paulo der achte WM-Lauf ausgetragen. Zum ersten Mal ist die Titelentscheidung in der Markenwertung auf das letzte Saisonrennen vertagt, nachdem Audi in den ersten beiden WEC-Jahren 2012 und 2013 jeweils vorzeitig Weltmeister war. Fuer Tom Kristensen (DK) bedeutet das Rennen den Abschied vom Profi-Rennsport.

トヨタ自動車株式会社 企業公式HP
http://www.toyota.co.jp/

アウディ ジャパン株式会社 公式HP
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja.html

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:WEC Bahrain TOYOTA Audi

Related Gallery:Le Mans 24 Hours 2014 Finish