【ビデオ】マカオGPレースで大量玉突き事故が発生! コースは一時カオス状態に!!
近年、ツーリングカー選手権が世界中で急速に盛り上がりを見せている。イギリス・ツーリングカー選手権(BTCC)は記録的なエントリーを数え、ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)やオーストラリアのV8スーパーカー・シリーズには、参加する自動車メーカーが年々増加。スカンジナビア・ツーリングカー選手権(STCC)はいくつかのナショナルシリーズを吸収合併するなど、枚挙にいとまがない。こうした人気ぶりを如実に反映したかのような、今年11月開催のマカオ・グランプリで起きた事故の映像をご紹介しよう。

マカオGPのF3選手権は、モナコのモンテカルロや米ラスベガスで行われる公道レースの中国版で、世界ツーリングカー選手権(WTCC)、モーターサイクルGP、チャイニーズ・レーシングカップなどのサポート・イベントが同時開催される。その中の1つ、北京汽車工業(BAIC)製「Senova D70」(中国名:紳宝 D70)のワンメイク・レース中に、26台もの出場車両による多重事故が起こった。

事故発生のシーンは、45秒付近まで早送りすると見ることが出来る。あまりの混雑ぶりに笑うことが出来るのも、負傷者が誰もいなかったからこそのことのだろう。それでは早速、ビデオをご覧いただきたい。



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Citroën WTCC C-Elysee Racecar: Frankfurt 2013

Related Gallery:BMW 2012 DTM Champion

【PR】「Senova D70」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!