日産、「GT-R」の2015年モデルを発表! NISMO直系の新グレードや45周年限定モデルも
日産自動車は11月25日、「GT-R」の2015年モデルを発表。同日より発売した。

Related Gallery:Nissan GT-R MY2015

2007年に登場した日産 GT-Rは、毎年のように小変更・改良を施しながら進化を遂げ、2013年には「より上質な大人の乗り味を実現」と謳うマイナーチェンジ行った。そして今回発表された2015年モデルは「その乗り心地をさらに進化させ、成熟させたモデル」になったと日産は言う。「ドライバーが思い描くラインを思い通りにトレースできる性能を高め、低速域から高速域まですべての速度域での操縦安定性を向上」させたことに加え、「音・振動の特性を綿密に分析、徹底的に部品の見直しや細部にわたっての作りこみを行うことで、振動や騒音を低減し快適性も向上」したそうだ。

サスペンションはショックアブソーバーの減衰力特性を変更し、ECUのチューニングを行ったことで「意図しない車両の動きが抑えられ、コーナリング時にドライバーが狙った通りのラインを走行することが可能」になったという。また、それによって「荒れた路面などで修正舵を減少させることができ、安心感のある走りを実現」したそうだ。

専用タイヤは材質や内部構造を見直すことで、「路面追従性の向上とともに、轍などでもハンドルがとられにくくなり、走行時の安心感が高まった」とのこと。また、「併せて路面から受ける力も吸収し、乗り心地を向上」させたという。

ブレーキは、パッド及びパッドとピストンの間のシムの形状が変更され、踏み始めからのフィーリングが「スムーズでドライバーの意図に沿うようにコントロール性を向上」させたそうだ。またブレーキ性能は維持しつつ不快な音が低減したという。

YOKOHAMA, Japan (November 25, 2014) - Nissan Motor Co., Ltd. has announced that the 2015 Nissan GT-R will go on sale today at all Nissan dealerships throughout Japan.
YOKOHAMA, Japan (November 25, 2014) - Nissan Motor Co., Ltd. has announced that the 2015 Nissan GT-R will go on sale today at all Nissan dealerships throughout Japan. YOKOHAMA, Japan (November 25, 2014) - Nissan Motor Co., Ltd. has announced that the 2015 Nissan GT-R will go on sale today at all Nissan dealerships throughout Japan.

操舵系ではステアリング・ダイナミック・ダンパーの設定が最適化され、「アイドル時の振動や路面から伝わる振動を低減」させたという。

ドライブトレインについては、「エンジンとトランスミッションの制御のチューニング及びトランスアクスルやドライブシャフト等の構造上の隙を最適化」させて、アクセルペダルのオン・オフ時の振動を改善。走行時の振動や音も抑えられているという。

さらにフライホイールハウジング内のベアリングの仕様を変更したり、トランクカーペットの材質まで見直すこと等により、静粛性が向上しているそうだ。

以上のような改良・改善に加え、これまで「Premium edition」のみに期間限定でディーラーオプションとして設定されていたレイズ製ダブルスポークアルミ鍛造ホイール(ハイパーブルーブラッククロームカラーコート)を、正式にメーカーオプションとして採用した。

価格は「Pure edition」が947万7,000円から、「Premium edition」が1,058万7,240円と、従来型に比べて17~18万円前後ほどアップしている。



さらに、日産のモータースポーツ部門である「NISMOのテクノロジーを凝縮した」超高性能モデル「GT-R NISMO」の専用部品を使用することで、「よりスポーツ走行に適したパフォーマンスを実現」したという新グレード「GT-R Track edition engineered by nismo」が設定された。これは一見すると内外装は「GT-R Black edition」と変わらないが、GT-R NISMOと同じ「メーカーにしかできないワークス直系のボディチューン」であるという「ボンディングボディ」や、φ17.3mm中空スタビライザーと専用フロントアッパーリンクを採用した専用サスペンション、サイズアップした専用の高剛性ハブボルトを採用する20×10Jのワイドリム・フロントホイールを足回りに組み込み、NISMOレーシングブラックで塗られた専用レイズ製アルミ鍛造ホイールに専用タイヤ「DUNLOP SP SPORT MAXX GT 600 DSST」を装着。さらにこれを収めるアウトレットダクト付き専用拡幅フロントフェンダーや、専用エンブレム付カーボン製クラスターフィニッシャーを装備したという、いわば普通のGT-RにGT-R NISMOの足回りを奢ったモデルといえる。価格は1,170万720円。



そしてもう1つ、今回のアップデートを機に、1969年に発売された初代「スカイライン 2000GT-R」から45周年を記念した特別仕様車「GT-R 45th Anniversary」が45台限定で2015年2月3日より発売となることが発表された。

こちらはGT-Rの高級グレード「Premium Edition」をベースに、機械的なスペックは標準のまま、2001年に発売された「スカイラインGT-R M・Spec」(R34型)の特別塗装色「シリカブレス」をボディ・カラーに採用。インテリアのセンタークラスター下部に専用エンブレム、エンジンルーム内に専用モデルナンバープレートが付くという。価格はPremium Editionより20万円ほど高い、1078万7,040円となっている。

2007年の発売当時には700万円台から買えたGT-Rも、今や立派な1千万円クラス。それだけ進化・熟成を重ねて価値が上がったということか(消費税も上がったけれど)。詳しい情報は、以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。

日産自動車公式サイト:NISSAN GT-R Webカタログ
http://www.nissan.co.jp/GT-R/index.html



By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Nissan GT-R MY2015

Related Gallery:Nissan GT-R 2014

【PR】GT-Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!