マツダは、11月28日から開催されるタイ国際モーターエキスポ 2014で、新型「Mazda2(日本名:デミオ)」のセダンを世界初公開することを発表した。
Related Gallery:2015 Mazda 2 Sedan



新型Mazda2セダンは、端正なプロポーションと力強いスタイリング、上質かつスポーティなインテリア空間、優れた走りと環境安全性能を高次元で実現するコンパクトセダンだ。

ちなみに、同モーターショーでは、新型Mazda2ハッチバックのタイでの一般初公開も予定して おり、いずれも新開発の小排気量クリーンディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 1.5が搭載されるとのこと。

なお、同国における新型Mazda2の販売開始時期は2015年初頭の予定だ。


デミオと大きく違うのは、独立した大型のトランクルームを備えているという点だ。日本ではセダン需要が激減しているので、おそらく投入されることはないだろうが、日本の狭い道での使い勝手を考えると、このクラスのコンパクトセダンも魅力的だ。


インテリアのデザインもほぼハッチバックと同様だ。路面の悪い地域の多いタイでは、セダンタイプの方がより剛性が高く、荷室からの音が入り込みにくいのでハッチバックを購入するよりメリットがあるのかもしれない。

Mazda2は2010年1月にタイで発売以来、約12万台を販売しており、同国におけるマツダの最量販乗用車となっている。

各社が比較的ローコストな廉価版を投入している中、先進のカーコネクティビティシステム「マツダコネクト」を搭載するなど、セグメントの常識を超える高い機能と価値を提供するという戦略が、タイでどのように受け入れられていくか注目だ。

All-New Mazda2 Launch All-New Mazda2 Road Test - Introduction Mazda2 Screen Integrated Rear Parking Camera Mazda Genuine Armrest Console
■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Mazda 2 Sedan

Related Gallery:2016 Mazda2 Photos

【PR】デミオの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!