自動車部品メーカー・タカタ社製エアバッグのリコール問題で最近マイナスな報道が多いエアバッグだが、命を守ってくれる大切な装備であることに変わりはない。だからこそ、オートバイ業界もエアバッグを装備したバイクや、エアバッグ内臓のライディングスーツなどの開発を進めている。最近では、モータースポーツ総合用品メーカーのアルパインスターズ社が「Tech-Air」と名付けられた"着る"エアバッグを発表した。エアバッグとモジュール式センサーが、特別仕様のジャケットに組み込まれている画期的な仕組みの製品だ。

Tech-Airのエアバッグは、対応ジャケットの下に着るメッシュのベストに組み込まれており、ジャケットのジッパーを上げるとシステムが作動。アルパインスターズ社の公式サイトによると、事故の状況によって30~60ミリ秒でシステムが衝突を感知し、25ミリ秒でエアバッグが完全に膨らむとのこと。ライダーが事故に遭った時、それを検知するアルゴリズムの開発には、ロードレース世界選手権のMotoGPから実際に採取したデータも使用されたという。この新エアバッグは、ヨーロッパで2015年春の発売を予定している。

それではビデオをクリックして、実際にジャケットを着て、エアバッグを膨らませたときの様子と、ダミーを使った衝突試験の様子をご覧いただこう。エアバッグがどう膨らむのかがよく分かるので、ぜひ目を凝らして見てほしい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Honda VTR

【PR】エアバッグの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:HONDA Gold Wing GL1800

Related Gallery:2016 Energica Eva Photos

Related Gallery:Moto Guzzi MGX-21 Prototype Photos

Related Gallery:Kawasaki Ninja H2

Related Gallery:HONDA GOLD WING GL1500

Related Gallery:2015 Yamaha YZF-R3 Photos