【レポート】「ワイルド・スピード」、ポール・ウォーカー不在であと3本以上を製作か?
映画『ワイルド・スピード』シリーズで主演を演じていたポール・ウォーカー氏亡き後、同シリーズがどうなるのかは誰もが気になっているところだろう。そこで今回は、製作サイドがウォーカー氏の死を乗り越え、シリーズの展望について語ったというインタビュー内容についてお知らせしよう。

ユニバーサル・ピクチャーズのドナ・ラングレー氏はエンターテインメント情報サイト『ハリウッド・リポーター』のインタビューに応え、少なくともあと3本が企画段階にあることをほのめかした。「ポールは常にストーリーには不可欠な存在。だけど他にもすばらしいキャラクターは沢山いるし、新たなキャラクターを登場させる機会にもなる。この映画は、未だに成長中のシリーズだと思う」と語った。

主演の1人を失った後もユニバーサルがシリーズの制作意欲を失っていないことは、ファンにとっては朗報だ。しかし、世間は本当に全10作の「ワイルド・スピード」を望んでいるのだろうか? インタビュアーのこの質問に対し、ラングレー氏は「特に国際的にみると過去3~4作品の興行成績は伸びているから、まだ需要はある。ただ、もちろん人気の陰りには十分注意する」と反論した。

さらなる続報を心待ちにしよう。


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Paul Walker: Fast and Furious

Related Gallery:Paul Walker Memorial Photos

【PR】ワイルド・スピードを観る前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!