TOYOTA MIRAI

11月18日トヨタは、日本化学未来館において、新型燃料電池車『MIRAI』 を発表した。将来有力なエネルギーの一つでもある水素を空気中の酸素と科学反応させ自ら発電し走行する。
TOYOTA MIRAI
Related Gallery:TOYOTA MIRAI

『MIRAI』は、自社開発の新型トヨタFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッドを融合した「トヨタフューエルセルシステム」を採用。走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない変わりに水を排出。3分程度の充填で充分な走行距離約650km(JC08モード走行パターンによるトヨタ測定値)を得られるなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を備える。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

12月15日から販売される『MIRAI』は、国内では、2015年末までに約400台を販売(現在200台受注)。米国では、2015年から3000台、欧州では、2016年に50から100台販売予定。
メーカー希望小売価格(消費税込み)は、7,236,000円。

トヨタ自動車公式サイト
http://toyota.jp
■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Toyota FCV

Related Gallery:Honda FCV CONCEPT