富士重工業は、2014年中に欧州にて販売開始するスバル新型アウトバックに、スバルの欧州仕様車として初めて独自の運転支援システム「EyeSight」を搭載。日本・豪州・北米に続く今回の「EyeSight」導入により、海外市場における「EyeSight」展開を拡大。

SUBARU  Eyesight

2008年5月に日本で発売を開始した「EyeSight」は、世界で初めてステレオカメラのみで歩行者・自転車を対象としたプリクラッシュセーフティ機能や全車速追従クルーズコントロール機能を実現したシステムで、「EyeSight」を搭載したスバル車が、米国でIIHS(道路安全保険協会)の2014年安全評価の前面衝突予防性能試験において最高評価「Superior」を獲得。日本では国土交通省とNASVAが実施する予防安全性能アセスメントにおいて最高評価であるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定された。
2014年6月以降、日本と北米で順次導入してきている「新型 EyeSight」については、ステレオカメラを全面的に一新。視野角・視認距離を約40%拡大することで予防安全・運転負荷軽減機能を更に進化させ、欧州仕様のアウトバックにも「新型 EyeSight」を初採用した。

SUBARU  Outback Eyesight SUBARU  Outback Eyesight
(アクディブレーンキープ作動イメージプリクラッシュブレーキ作動イメージ)

第三世代となる「新型 EyeSight」には5つの機能があり、新しく3つの機能が搭載された。
プリクラッシュブレーキ」には、ステアリングによる回避操作があった場合、VDCで制御する新機能「プリクラッシュステアリングアシスト」によって回頭性を高めドライバーをアシストする新機能が追加。
高速道路など自動車専用道路でのステアリング操作をアシストする「アクティブレーンキープ」。高速道路や自動車専用道路での走行時、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識してステアリング操作のアシストを行い、車線中央維持や車線逸脱抑制がロングドライブでのドライバーの負担を大幅に軽減。
ギアやペダルの操作間違え、発進時の事故を防ぐ「AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御」。新型では従来の「発進」に加え、「後進」への対応を実現。Rレンジの状態で アクセルの急な踏み込みを検知し、誤後進とシステムが判断した場合も警報音と警告表示で注意を促すとともに、誤発進の場合と同様の制御を行う。

SUBARU  Outback Eyesight
(アウトバック EyeSight 追従走行イメージ)

ステレオカメラで常に前方を監視し、必要に応じて自動ブレーキなどの制御を行う運転支援システムを進化させ、さらにカラー画像化によってブレーキランプの認識も可能となった。
その他、ステアリング操作のアシストなど新たな機能も搭載している。


富士重工業株式会社 SUBARU 公式HP
http://www.subaru.jp/

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Subaru Outback First Drive Photos

Related Gallery:2015 Subaru Outback

Related Gallery:2013 Subaru Outback Photos

Related Gallery:Subaru Outback 2.5i EyeSight EX Edition

Related Gallery:Subaru Legacy B4 and Legacy Outback

Related Gallery:2015 Subaru Legacy First Drive Photos