【SEMAショー2014】モダンクラシックなシボレー「ジミー・ジョンソン1971コルベット」
シボレーは、NASCARチャンピオンのジミー・ジョンソンと手を組んで製作した「ジミー・ジョンソン 1971 コルベット」をSEMAショー2014で披露した。1971年型コルベットに、純正カスタムパーツとして販売されている最新式エンジン、トランスミッション、サスペンションなどを組み込んだ、メーカー製の"レストモッド"車だ。

Related Gallery:1971 Chevrolet Corvette Jimmie Johnson Concept: SEMA 2014 Photos

Autoblogのスタッフは全員、"カッコいい"クルマが大好きだ。古くても新しくても、あるいは外国車でも国産車でも構わない。そんな我々はシボレー「コルベット」に特別な思い入れがある。コルベットは、上の写真の1971年モデルがセント・ルイス工場の組み立てラインを出るよりずっと前から、標準的な価格で手に入るパフォーマンス・アイコンとして際立つ存在だった。

時代と共に自動車性能の基準も向上した。往年のコルベットに搭載されていたスモールブロックやビッグブロックのV8は文句のないエンジンだった。しかし現行の「C7コルベット」に搭載されている最新式のプッシュロッドV8は、これまでGMが開発した中で最高のエンジンだ。連続可変バルブタイミング機構と直噴システムを備え、最高出力460hpを発揮しつつ、現代の燃費と排ガスに対する要求にも応えている。

今回のSEMAショーのために、シボレーがジミー・ジョンソンと協力して作り上げた'71 コルベットには、前述の最新式GM製LT1型V8クレートエンジンと、「スーパー・マグナム」6速マニュアル・トランスミッションが搭載されている。どちらもGMの豊富な改造用パーツカタログに掲載されているものだ。足回りはオリジナルに替えて調整式コイルオーバー・サスペンションに交換され、1971年当時の15インチ・ラリーホイールを模して製作されたブラック塗装の18インチ・ホイールが装着されている。

ちなみにこの最新型LT1クレートエンジンは、単品で購入するとウェトサンプ仕様が1万1,000ドル(約126万円)、ドライサンプ仕様は1万1,250ドル(約130万円)という価格が付けられている。

それでは、シボレーとジョンソンのコラボレーションにより誕生した、このモダンクラシックなカスタムカーのビデオとプレスリリース(英語)をチェックしてみよう。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:1971 Chevrolet Corvette Jimmie Johnson Concept: SEMA 2014 Photos

【PR】「コルベット」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Chevrolet Corvette Z06 Convertible: New York 2014 Photos

Related Gallery:1976 Chevrolet Corvette Stingray by Vilner Photos

Related Gallery:2015 Chevrolet Corvette Z06: Detroit 2014 Photos

Related Gallery:Guy Fieri Chevrolet Corvette Convertible: SEMA 2012 Photos

Related Gallery:SEMA 2011 Chevrolet Corvette ZR59 Photos

Related Gallery:Chevrolet 50th Anniversary Corvette Stingray Concept revealed again