INFINITI Q50L
INFINTI Q50(国内仕様:スカイライン)

インフィニティは11月6日、中国湖北省、襄陽にて現地生産を開始し、第1号車のインフィニティ「Q50L」が正式にオフラインしたことを発表した。
中国で初となるインフィニティの現地生産モデル「Q50L」は、プレミアムスポーツセダン「Q50」のロングホイールベースモデルで、中国のユーザー向けにデザインされた。

INFINITI Q50L

東風インフィニティ 総経理 ダニエル・キチャートは「本日、中国におけるインフィニティは大きく前進いたしました。私たちは引き続き、中国における更なる事業拡大と、インフィニティを真のグローバルプレミアムブランドへと発展させるべく取り組んでいきます。同ブランドの現地生産は、中国市場に対する、私たちの長期に亘るコミットメントの表明です。インフィニティのグローバル品質基準と、プレミアムブランドとして培ってきた経験を、中国のお客さまにより身近に感じていただけるよう提供していきます。」と語った。
襄陽工場は、東風汽車公司と日産自動車が共同設立した東風日産の生産工場で、東風日産の襄陽工場におけるインフィニティブランドの現地生産開始によって、中国は、日本・アメリカに続く同ブランドにとって3番目のグローバル生産拠点となった。 インフィニティのグローバル成長戦略における次の段階として、グローバル生産拠点の拡大とともに、同ブランドの商品ラインナップを更に強化。インフィニティにとって世界で2番目の市場規模を持つハブとして、中国事業の発展と拡大に取り組む。
同工場は生産能力を年間25万台に増強、そのうちの6万台はインフィニティモデルの生産を担う。

INFINITI Q50L INFINITI Q50L
INFINTI Q50(国内仕様:スカイライン)

インフィニティ「Q50L」は、全長4,852mm、ホイールベース2,898mmと標準モデルより全長、ホイールベースを延長し、セグメントトップクラスの広いレッグスペースを確保。世界初のステアリング技術「ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)」など、輸入標準モデル「Q50」と同様先進技術を搭載。2.0リッター・ターボエンジンを搭載することで、走行性能と燃費のバランスを実現。インフィニティ「Q50L」に加え「QX50」ロングホイールベースの生産も、襄陽工場でまもなく開始する予定。
インフィニティブランドは、2018年までに中国での年間販売台数を10万台に引き上げることを目指し、その販売台数の半数以上は、現地で生産する車両になる予定だ。2014年第3四半期までの累計販売台数は、対前年比91%増の約20,800台に達しインフィニティは中国で最も急速に成長しているブランドとなった。

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Infiniti Q80 Inspiration Concept Photos

Related Gallery:Infiniti Q80 Inspiration Paris 2014 Photos

Related Gallery:Infiniti QX70 S Design Photos

Related Gallery:Infiniti Q50 Eau Rouge Concept Photos

Related Gallery:2015 Infiniti Q70L Photos