アウディ史上最もパワフルな「R8コンペティション」がLAでデビュー
Related Gallery:2015 Audi R8 Competition Photos

アウディは、11月21日から開催されるLAオートショー2014で、限定仕様の2015年型「R8 コンペティション」をお披露目すると発表した。

初代「R8」の生産が終わりに近づき、すでに次期型モデル生産のために工場の拡張を終えているアウディだが、「アウディ史上、最もパワフルな量産車」だというR8コンペティションを間もなくLAオートショーで公開予定だ。

米国では60台が販売されるこのクルマは、R8の有終の美を飾る特別トリムを施しただけの限定車ではない。エンジンはこれまでと同じ5.2リッターV10ながら、最高出力は570hpにまで引き上げられている。これはかなりパワフルな現行モデル「V10プラス」よりも、さらに20hp上回る。トランスミッションは7速のデュアルクラッチ「Sトロニック」のみの設定で、0-60mphは3.2秒、最高速度は199mph(約320km/h)という「最速のR8」になるとのこと。このスピードに合わせて制動力も強化され、セラミックブレーキディスクと赤いブレーキキャリパーが装備される。

もちろん、このようなレアなスーパーカーを所有すれば、多少は見せびらかしたくなるだろう。デザインは、同社のレースカー「R8 LMSウルトラ」から着想を得ており、リアスポイラーやドアミラーハウジング、サイドブレード、フロントスポイラー、リアディフューザーは、マット仕上げのカーボンファイバー製となっている。さらにハイグロス・ブラックで塗られたホイールとエグソーズトパイプが凄味を増している。

この60台には、同社のスペシャルオーダープログラム「アウディ エクスクルーシブ」が含まれており、好みに応じたインテリアやエクステリアのカラーを選ぶことができる。また、センターコンソールや「R8 Competition」のロゴ入りプレートが装着されたイルミネーテッド・ドアシルにも、カーボンファイバーのトリミングが施される。

オーダーは11月より開始され、納車は2015年初頭の予定だ。60台限定のスーパーカーについてもっと知りたい方は、プレスリリース(英語)も用意したので、ぜひお読みいただきたい。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Audi R8 Competition Photos

【PR】「R8 コンペティション」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014 Audi R8 V10 Plus: First Drive

Related Gallery:2013 Audi R8

Related Gallery:2014 Audi R8 LMX: Paris 2014 Photos

Related Gallery:Audi R8 LMS Ultra Photos

Related Gallery:2015 Audi TTS Competition Photos

Related Gallery:Audi TT Coupe S line competition Photos