【レポート】「シューマッハは3年以内に回復する可能性がある」 担当医がコメント
世界チャンピオンを7度経験した元F1ドライバーのミハエル・シューマッハが、フランスの病院からスイスのローザンヌにある自宅に移り、1カ月が経った。以来、彼の家族は沈黙を守っているが、治療を担当している医師の1人がシューマッハの容体についてコメントした。

グルノーブル大学病院麻酔科長のジャン=フランソワ・ペイヤン医師(上の写真)によると、シューマッハは"いくらかの進歩"を見せているという。シューマッハが長かった昏睡状態から覚醒したことは、彼の広報を担当するサビーネ・ケーム氏が6月に発表している。ペイヤン医師は「他の患者と同じように回復には1~3年という時間が必要なので、忍耐が必要だ」と仏紙『ル・パリジャン』に話した。

ペイヤン医師は神経科医ではないが、シューマッハの治療に深く関わってきた人物。彼は英紙『ザ・テレグラフ』に対し、「ローザンヌ大学病院に転院して来たときから、自宅に戻った今も、彼を継続的に診ている。それは経過を確認し、回復の進み具合を奥さんや子供たちに知らせるためだ」と言い、「彼をとりまく状況はとても良く、その役割は大きい。家族に囲まれるのは患者にとってベストな環境だ。奥さんには適切なアドバイスが与えられ、成果を上げるためのすべてが実行されている」と続けた。さらに、「脳損傷からの回復にはたくさんの段階を踏む必要がある。良くなるはずだし、皆そう願っているが、それには時間がかかる」とつけ加えた。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Michael Schumacher To Drive F1 Car On Nurburgring

【PR】F1マシンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Schumacher Tests the Ferrari 599 HGTE

Related Gallery:Schumacher tests the Ferrari F2007 at Mugello Photos

Related Gallery:Schumacher GP2 test at Jerez

Related Gallery:2010 Mercedes GP Petronas livery

Related Gallery:2011 Mercedes GP W02

Related Gallery:2012 Mercedes AMG W03 Photos