【レポート】「フィット ハイブリッド」が5度目のリコール、役員報酬を一部カット
Related Gallery:2015 Honda Fit Hybrid Photos

ホンダは、「フィット ハイブリッド」(上の写真)のこの一年で5度目となるリコールを受け、同社役員の報酬を一部カットすることを10月23日発表した。


今回のリコールの内容は、ホンダによれば「点火コイル内部の電気ノイズを除去する雑防抵抗の構造が不適切なため、点火時の通電によるアーク放電により、当該抵抗端末部が断線するもの」があり、そのため「点火コイルの出力が不足してエンジン不調となり、エンジン警告灯が点灯するおそれ」があるという。また、「点火時に発生するノイズにより燃料噴射装置が正しく制御できず、エンジンが停止するおそれ」があるそうだ。さらにもう1点、「電源供給回路において、電気ノイズに対する保護が不十分なため、車両の電装部品から発生するノイズの影響により電源制御ユニットが誤作動すること」があり、そのため「エンジン制御コンピューター等に電源を供給するリレーが作動せず、走行中にメーターパネルが消灯し、エンジンが停止するおそれ」があるという。

対象となるのはフィット ハイブリッドの他、ガソリン車の「フィット」「ヴェゼル ハイブリッド」(米国ではこれから発売されるHR-Vの姉妹カー)、「N‐WGN」の4車種。なお、フィット ハイブリッドとヴェゼル ハイブリッドに関しては、搭載されている7速DCT型自動変速機の不具合で、すでに3度もリコールされている。これらの不具合に起因する事故や死傷者は、現在のところ報告されていない。

相次ぐリコールを重く見たホンダは、品質問題の責任を取るため、伊東孝紳社長が11月から3か月間、月額報酬の20%を返上することを発表した。その他の12人の役員もそれぞれ月額報酬の10%を返上する。こうした報酬カットに加え、専務の福尾幸一氏が品質改革担当役員となり、技術・商品開発プロセスにおける品質保証体制を強化していくという(日本版編集者注:ちなみに伊東孝紳社長の年額報酬は1億4,500万円。単純に3ヶ月分の月額報酬を割り出してその20%ということは、725万円を返上するという計算になります)

日本国内でもリコールへの対処で追われるホンダだが、米国では部品メーカー「タカタ」が製造したエアバッグの不具合に関する大規模なリコールにも見舞われている。このエアバッグを採用した他の日本メーカー(トヨタ、日産、マツダ)も軒並みリコールを届け出ているが、ホンダは米国内で500万台もの車両に対策が必要だと見られており、海外でも課題は山積しているようだ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー

Related Gallery:2015 Honda Fit Hybrid Photos

【PR】ホンダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Honda Fit Photos

Related Gallery:Honda Fit Hybrid Sport Hybrid i-DCD

Related Gallery:Honda Vezel

Related Gallery:Honda Vezel Hybrid Photos

Related Gallery:Honda Vezel : Tokyo Auto Salon 2014

Related Gallery:Honda N-WGN