【ビデオ】レースマシンに生まれ変わったポンティアック「フィエロ」がサーキットを駆ける
サーキットを走るミドシップ後輪駆動のスポーツカー。これを手ごろな価格で手に入れ、豊富なスペアパーツでカスタマイズできるなんて夢物語だと思うかもしれない。しかし、少し工夫をすることで、そんな夢を現実にすることが可能なのだ。今回は、少し手を加えて高性能なレースマシンに生まれ変わったポンティアック「フィエロ」をご紹介しよう。

スポーツカーのステアリングを握り、コーナーの多い道を攻めるなんて考えるだけでワクワクするが、それと同時にクラッシュや故障した時に掛かる費用がどうしても気になってしまうものだ。しかし、フィエロだったら、クラッシュしてしまってもたいした損害にはならない。誰もケガさえ負わなければそれでよしと思えるだろう。

YouTubeの動画サイト『Drive』では、ホスト役のマット・ファラーがフィエロに乗り、カリフォルニアのButtonwillowレースウェイ・パークを疾走する。このマシンはスティーブン・スナイダー氏がお金をかけずにサーキットを走りたいと考え、改造したクルマだ。それでは、大きなリアウイングを装着し、シボレー「ルミナ」の最高出力220hpを発生するV6エンジンを積んだ、小さなポンティアック「フィエロ」の走りを早速チェックしてみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Review: 2009 Pontiac Solstice GXP Coupe

【PR】ポンティアックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:In the Autoblog Garage 2009 Pontiac G8 GXP

Related Gallery:Pontiac Aztec

Related Gallery:Hurst Edition Trans-Am: SEMA 2012 Photos

Related Gallery:1939 Plexiglass Pontiac Deluxe Six

Related Gallery:HPP Trans-Am and Camaro

Related Gallery:Lingenfelter LTA: SEMA 2012 Photos