KTMが電動スクーターの開発を中止するという噂 同社に回答を迫った!(ビデオ付)
Related Gallery:KTM E-Speed Photos

オーストリアのオートバイメーカー、KTMが2013年の東京モーターサイクルショーでお披露目した電動スクーターコンセプト「E-SPEED」を開発を中止したとの噂が流れている。

我々はE-SPEEDを初めて見たとき、すぐにこのハンドルを握り、渋滞する街中を颯爽と乗りまわしたいという夢を抱いた。しかし今回の噂は、そんな夢を打ち砕く内容だ。

噂の出所は、電動スクーターはKTMのイメージにそぐわないため開発を中止すると、同社の関係者に近い筋の人物が話したという記事だった。この情報に我々は落胆してしまった。KTMの取締役で事業開発の責任者であるハラルド・プロッキンガー氏が東京でE-SPEEDをお披露目した際、「都市部では電動スクーターが成功するはずだ」と熱心に語っていたので、市販化の可能性が高いと期待していたのだ。

打ちのめされた我々は、KTMに取材を行き、真相を確かめた。結果としては、「ネットで見聞きしたものを、全て鵜呑みにしてはいけない」ということだ。現在のところKTMは、E-SPEEDの市販化に向けて具体的な計画は持っていないものの、「絶対にない、とは言えません」とのことだった。つまり、夢を諦めてはいけないということだ。

信念をもって高いクオリティの電気自動車を生み出したテスラが、かつては存在しなかったニッチな市場を開拓したように、KTMも電動スクーターの市場を切り開いていけるだろうか? 我々は、KTMの挑戦を信じたい。いまだにAutoblog編集部にKTMからE-SPEED試乗のお誘いが届かないのが少し不安ではあるが、同社には何としても市販化してほしいものだ。

同じように途中で頓挫したと思われていたが見事製品化まで漕ぎ着けた彼らのもう一つの製品、2010年に東京モーターサイクルショーで発表された同社初の電動モーターサイクル「Freeride-E」の映像を最後にご紹介しよう。KTMのアンバサダーを務めるダニー・マックアスキル選手と、エクストリームエンデューロのトップライダーであるジョニー・ウォーカー選手が工場の中を縦横無尽に乗りこなす姿をご覧いただきたい。


By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:KTM E-Speed Photos

【PR】電動スクーターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:KTM 1290 SUPER DUKE R

Related Gallery:TokyoMotorShow2013 KTM

Related Gallery:ktm

Related Gallery:2011 KTM X-Bow R Photos

Related Gallery:KTM X-Bow GT Photos

Related Gallery:KTM X-BOW GT:Geneva 2013 Photos