015年グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー最終候補車が発表!
Related Gallery:2015 Green Car of the Year Finalists Photos

さまざまな代替燃料のパワートレインを持つクルマが受賞してきたグリーン・カー・オブ・ザ・イヤー。そんな同賞の2015年の最終候補車が発表されたのでご紹介しよう。

最終候補に残ったのは、電気自動車のBMW「i3」、圧縮天然ガス車のシボレー「インパラBi-Fuel」、低燃費ディーゼル車のアウディA3 TDI」、低燃費ガソリン車のホンダ「フィット」、そして多彩なパワートレインを揃えたフォルクスワーゲン「ゴルフ」だ。

i3は純粋な電気自動車だが、発電用エンジンを搭載したレンジエクステンダー仕様もある。インパラBi-Fuelは、天然ガスとガソリンの双方に対応した3.6リッターエンジンを搭載。A3 TDIの燃費は、欧州で行われたテストでは73.5mpg(約31.2km/L)を達成した。フィットは購入しやすい価格ながらガソリン1リッター当たり17km以上の走行が可能だ。ゴルフは(少なくとも米国の一部では)、2.0リッターディーゼル、ガソリンエンジン、電気モーターという3種類のパワートレインが用意されている。

グリーン・カー・オブ・ザ・イヤーは米自動車雑誌『Green Car Journal』が主催しており、毎年、LAオートショーで大賞が発表される。選考委員は燃費性能だけでなく、市場での入手しやすさも考慮して投票する。昨年のグリーン・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、ホンダアコード ハイブリッド/プラグインハイブリッド」。2013年にはプラグインハイブリットとハイブリッドのフォード「フュージョン」2012年にはホンダ「シビック ナチュラルガス」2011年にはシボレー「ボルト」が受賞した。今年は11月20日に発表が行われる。どのクルマが選ばれるのか、楽しみに待とう。プレスリリース(英語)も用意したので、興味のある方はお読みいただきたい。


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Green Car of the Year Finalists Photos

【PR】エコカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Honda Fit Hybrid

Related Gallery:2015 Honda Fit Photos

Related Gallery:BMW i3

Related Gallery:2015 Audi A3 Sedan Photos

Related Gallery:2015 VW e-Golf Photos

Related Gallery:2015 Chevy Impala CNG Photos