Related Gallery:Tecnicar Lavinia Photos

イタリアのスーパーカーは、一部の富裕層だけでなく世界中のクルマファンを惹きつける存在だ。子供の頃(大人になってからも)、クラシックなフェラーリのポスターを部屋の壁に貼った人も多いだろうし、ランボルギーニを見て、視線が釘付けになった経験のある人もいるだろう。そんなイタリアンスーパーカーに初のEV、テクニカー「ラヴィニア」が加わった。

テクニカーは、「ジーニアス」という電動の小型シティーカーを開発した伊シチリアの電気自動車メーカー。そんな同社は現在、電気モーターが最高出力789hpを発揮するというオール電化スーパーカー「ラヴィニア」の開発に取り組んでいるという。今のところ詳細は明かされていないが、未来の技術を紹介するブログサイト『Inhabitat』によれば、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は300km/hに達するとのことだ。そして満充電時の航続可能距離は180マイル(約290km)と、こちらも申し分ない。またこのレンダリング画像を見る限り、ボディの外観はフェラーリのようにエキゾチックだ。テクニカーは、来年4月にモナコで開催されるオートショー「Top Marques Monaco」で公開するために、ラヴィニアのプロトタイプを製作中であるという。より詳しいスペックもその時に明らかになるだろう。

レノボ・モーターズリマック・オートモービリ、スピーラ、APPLUS IDIADAなど、世界各地で開発が進められているEVスーパーカー。近い将来、フェラーリとランボルギーニの間にこんなクルマたちのポスターが飾られる日が来るかも知れない。


By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Tecnicar Lavinia Photos

【PR】ラヴィニアの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Ferrari LaFerrari: Geneva 2013 Photos

Related Gallery:2015 Porsche 918 Spyder Technology Photos

Related Gallery:Porsche 918 Spyder Monterey 2013 Photos

Related Gallery:2015 McLaren P1: First Drive Photos

Related Gallery:Renovo Coupe EV Supercar Photos

Related Gallery:Kuranomachi Supercar Parade 2013