クルマの購入者の39パーセントが親の乗っていたブランドを選ぶという調査結果
最近の調査結果によると、親の乗っていたクルマは、その子供たちがクルマを購入するときに大きく影響を与えるものらしい。

子供というのは、その性格や行動パターン、クセまでも、親の影響を色濃く受けるものだ。この観点からすると、このたびミシガン州立大学の経済学者、ソレン・アンダーソン氏が発表した、"クルマを購入する人の39%は親の乗っていた自動車メーカーを選ぶ傾向がある"という調査結果は、それほど意外ではないかもしれない。

例えば、もしあなたの親が「ジープ」に乗っていたなら、あなたもいつかフロントグリルに7本のスラットが並ぶクルマを購入する可能性が高く、それがキャデラックトヨタ、BMWオーナーであっても同じことが言えるというのだ。

この調査は、全米に住む4,300人の成人した子供とその親2,600組を対象に、1999年から2011年まで、2年毎に行われた。自動車メーカーは、キャデラック、シボレービュイックGMCなどであれば、ゼネラルモーターズとして大別され、他にはフォード、クライスラー、トヨタなどが選択肢に並んでいる。

アンダーソン氏は、「この調査結果が、今後自動車販売における価格設定やマーケティングの手法を変え得る」と主張し、「この結果は、親子が他人に比べてお互いに似通っているからということではなく、あくまでクルマ選びにある種の傾向が見られるということを表すものであると確信している」とまとめている。

今回の調査結果は、経済専門ジャーナル『The Journal of Industrial Economics』に掲載される予定だ。詳しい内容はプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Cadillac Escalade Photos

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Toyota Camry: New York 2014 Photos

Related Gallery:2014 Audi TT Sportback Concept

Related Gallery:2014 Chevrolet Camaro Z/28 Photos

Related Gallery:2014 Buick LaCrosse: New York 2013

Related Gallery:2013 GMC Terrain Denail Fist Drive Photos

Related Gallery:2014 Kia Optima Photos