【ビデオ】1969年式シボレー対1987年式ビュイックのマッスルカー対決!
毎回テーマに沿った時代が異なる2台のクルマを対決させる米インターネット番組『Generation Gap』。チューニングメーカー「リンゲンフィルター」社オーナーの愛車コレクションから送る最後のエピソードとして、同番組史上最高のアイデアであろうゼネラル・モーターズの限定版マッスルカー対決が行われたのでご紹介しよう。

まずは1969年式シボレー「COPO シェベル」。ホイールがハイパフォーマンス版のSSのものになっている以外は何の変哲もないシェベルの様に見えるが、そう思っていられるのはエンジンが轟音をあげるまで。ボンネットの下には、最高出力425hpと最大トルク63.6kgmを生み出す7リッターV8エンジンが隠されている。シボレーがこのエンジンを積むCOPO(Central Office Production Orderの略)パッケージのシェベルを製造したのはこの年だけで、その数はわずか323台しかない。

対するは、同じくらいレアでクールな1987年式ビュイック「グランドナショナルGNX」。今見てもデビュー当時と変わらずカッコいい。同車には、マッスルカーの定番ともいえるようなV8エンジンではなく、最高出力270hp、最大トルク49.8kgmを発揮するターボ付き3.8リッターV6エンジンが搭載されているとのことだが、このスペックは少しばかり低めに見積もられているようだ。「GNX」バージョンの製造台数は547台というから、こちらもコレクターズ・アイテムと言えるだろう。

さて、皆さんはどちらの年代のマッスルカーがお好みだろうか? シェベルもGNXも間違いなくクラシックだが、全く異なるパフォーマンスでアピールする。オーナーであるケン・リンゲンフィルター氏でさえも判定には熟考を要したようだ。果たしてどちらに軍配が上がったのか、さっそくビデオでチェックしてみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Barrett-Jackson OC '10: Armed Forces Foundation Chevelle

【PR】マッスルカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:SEMA 2011 Chevrolet COPO Camaro Concept Photos

Related Gallery:2012 Chevrolet COPO Camaro Convertible: SEMA 2012 Photos

Related Gallery:Buick Riviera Concept Shanghai 2013

Related Gallery:Motegi Super American Sunday Chevrolet

Related Gallery:DeLorean DMC-12 Buick V6 Twin-Turbo Photos

Related Gallery:2014 Chevrolet Camaro Z/28 Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-30

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-31

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-32