2013年7月にご紹介した、ドリフトが自在にできる電動小型カート「Crazy Cart」を販売しているRazor社。今回は、同社が新たに発売した、童心に返って楽しむ大人向けのカート「Crazy Cart XL」をご紹介しよう。

Crazy Cartは、ステアリングコラムの下に360度回転する電動ホイールを1つと、4隅にタイヤの代わりにキャスターを装備したシンプルな構造ながら、とてもエキサイティングなカートだ。もし本物のクルマで行えば大事故になってしまう激しいドリフトも、このカートなら手軽に楽しむことができる。Autoblogの米版編集者いわく、Crazy Cartは"歩行者にとっては悪夢"だが、大人でも楽しめるところが魅力だ。

しかし、Crazy Cartは子供向けに作られているので、大柄な大人には窮屈すぎるサイズだった。それを解消するべく改良されたのがCrazy Cart XLだ。ボディは約110×75cmとオリジナルのCrazy Cartより大きくなるとともに、大人が前傾姿勢でも辛くないようなだらかな傾斜が付いている。また、"ドリフトバー"はステアリングホイールの脇まで延ばされた。さらに、ボディを囲むフレームの剛性を上げたほか、モーターとバッテリーを大きくしたことで、最大136kgまでの重さに耐えられるようになり、最高速度は27km/hに向上した。

Crazy Cart XLの販売価格は、オリジナルの2倍となる800ドル(約8万5千円)からと決して安くないが、このカートで各地のオートショーに乗り込んだり、編集部での仕事の合間に乗り回したりしてみたいものだ。米カリフォルニア州にあるRazor社本社の中を縦横無尽にCrazy Cart XLが走り回るビデオを見れば、あなたもきっとこのカートが欲しくなるだろう。それでは早速ビデオをチェックしてみよう。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:X-Kart

Related Gallery:Ferrari karting challenge, Montreal, June 2010

Related Gallery:Nintendo Mario Kart LA 2011 Photos

Related Gallery:Ghostbusters Ecto-1 Push Cart Halloween Costume Photos

Related Gallery:Ken Block's Gymkhana 5 Photos

Related Gallery:Ken Block's Gymkhana Three Part 2

Related Gallery:Ken Block at the Mexico round of the WRC

【PR】カートの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-01

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-03