Harley-Davidson dyna Low Rider

大排気量が魅力のビックツインにスポーツスターの足周りを移植し、高い走行性能を組み合わせた「ダイナ」ファミリーの礎でもあり、ハーレーを代表する屈指の名車「ダイナ・ローライダー」(以下ローライダー)が2015年モデルで復活を果たした。

Related Gallery:Harley-Davidson dyna Low Rider

本国アメリカでは今年の2月に登場していたこのモデルが、遂に日本上陸。ファン待望の復活となったのだ。そのバイク然としたスタイルはハーレーファンでなくとも魅力的に感じられ、モデル名の通りに低いシートとハーレーにしてはコンパクトなポジションで、女性でも気軽に操れる軽快さが嬉しいモデルのひとつ。男性だけに乗せておくのはもったいない。

Harley-Davidson dyna Low Rider

今回復活を果たした「ローライダー」は1977年に誕生した初代ローライダーの復刻版ともいえるリアルなカスタマイズを再現していて、シンプルな一眼のヘッドライトの上にちょこんと乗ったアイブロウと呼ばれるヘッドライトバイザー、2 in 1エキゾースト、バッテリーボックスにあしらわれたロゴ、タンクの上に一列に並んだスピードメーターとタコメーターなどなど、「ローライダー」ファンの心を魅了せずにはいられないポイントが満載だという。

Harley-Davidson dyna Low Rider Harley-Davidson dyna Low Rider

ハーレーというのは、他のメーカーのバイクとは一線を画していて、一括りにしてしまえば、「アメリカン」というジャンルではあるが、それとはまた別の乗り物としての地位を確立していると、常々感じているのだが、この復刻したクラシックなスタイルも、ハーレーだからこそ魅力的に感じるのだと思わずにはいられない。それは、乗り味だったり、作り手から感じる思いであったりするのだが、なによりもファンの心理をしっかりと捕らえている、というところが一番だろう。女性に対しても車重やグリップの太さ、フォワコンなどなどツンデレなところは満載だが、それでもきちんとしたわかりやすいアプローチをしてくれるのも嬉しいところ。

Harley-Davidson dyna Low Rider Harley-Davidson dyna Low Rider

今回復活したローライダーには、ポジションを可変できるシステムが搭載されている。まずハンドル。女性にとってハーレーのハンドルは幅が広く位置が遠いこともあり、カスタムする場所としての定番。ノーマルのままだとウインカー操作の時に手を離さなきゃいけないなんてことや、コーナリングの時にもハンドルが遠くてセルフステアの邪魔をすることもある。なので、腕が短い人は幅が短く細いものに変更し、位置も手前に持ってくるのが通常パターン。しかし、ローラーダーはなんと、ハンドルポジションが簡単にいじれるようになっているのだ。プルバックライザーが可動式になり、ここを動かすだけで60.9mmの前後調整が可能になり、角度も調整できる。

Harley-Davidson dyna Low Rider

さらには、シートには取り外し可能なバックレストが装備され、2つの乗車位置が選べるようになっている。前側に座りたいときはランバーバッド(バックレスト)を装着し、後ろ側に座りたいときは取り外すことにより前後38.1mmの違いができる。

Harley-Davidson dyna Low Rider Harley-Davidson dyna Low Rider

ステップも通常より前方に50.8mm移動。ノーマル車両なのに、ここまでポジションを自分に合わせて自らがいじれるバイクというのは今までに見たことが無い。これなら購入してすぐに乗り出せる。これは女性にとっても朗報だ。

Harley-Davidson dyna Low Rider Harley-Davidson dyna Low Rider

ランバーバットを装着した車両としていない車両を両方乗ってみたが、身長157cmの自分だと、装着していた方がリアに加重がしやすく乗りやすくもあったが、お尻が大きいせいかちょっと窮屈に感じた。路面に合わせて腰を移動させて乗るタイプの人は、装着なしの方が乗りやすく感じるのだろうな、と感じた。ハンドルの位置は、一番手前にすると素直にハンドルが握れてちょうどいい。カスタムしていないハーレーなのにポジションがしっくりくるというのは、何とも嬉しいことだ。

Harley-Davidson dyna Low Rider

何の不安も無く走り出せる爽快感。くるくると旋回できるハンドリング、ビックツインの鼓動を感じながらも何ともスポーティーな乗り味でやみつきになりそうなほど。潤沢なトルクは低速でも扱いやすく、いたってスムーズ。ぎくしゃくするところが無いので、どんな場面でも緊張せずに乗ることができる。低重心で安定していることに加え、ハンドルが近いのでUターンの恐怖も皆無。これは楽しい! ダブルディスクのフロントブレーキと、ABSが何よりも心強い。

Harley-Davidson dyna Low Rider Harley-Davidson dyna Low Rider

ノーマルのままだと、手足が伸びきってライディングスタイルが決してかっこいいものには見えないところが悩みどころであったけど、これなら、バイクに負けない自信も持てる。もしかして操れるかも、という自由度がハーレーに乗る喜びを与えてくれる。ノーマルのままで女性が操れるビックバイクはそう多くない。けれど、この「ローライダー」が、それを現実のものとしてくれた。



Related Gallery:Harley-Davidson dyna Low Rider

FXDL
LOW RIDER

■SPEC
◎全長×全幅×全高:2345×905×1185mm ◎ホイールベース:1630mm ◎シート高:680mm ◎車両重量:311kg ◎エンジン型式:TWINCAM96 ◎最大トルク:116Nm/3500rpm◎排気量:1584cc ◎ボア×ストローク:95.3×111.1mm◎燃料タンク容量:17.8L ◎フロントタイヤ:130/90B16 ◎リアタイヤ:180/70B16

■PRICE
ビビットブラック:209万0000円
モノトーンカラー:212万5000円
ツートーンカラー:216万0000円

ハーレーダビッドソンジャパン
http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:HARLEY-DAVIDSON FLTRXS ROADGLIDE SPECIAL

Related Gallery:Harley-Davidson 2015 NEW Models

Related Gallery:Harley-Davidson LiveWire First Ride Photos

Related Gallery:Harley-Davidson Tri Glide Ultra Photos

Related Gallery:AFRICA BIKE WEEK Day 5