ボルボ、最高出力450hpのトリプルターボ付き2.0リッター4気筒エンジンのコンセプトを発表
Related Gallery:Volvo High Performance Drive-E Powertrain Concept Photos

ボルボは、2.0リッター4気筒の新世代エンジン「ハイパフォーマンス Drive-E パワートレイン」の詳細なスペックを公開した。

2世代目となる新型SUV「XC90」が8月末にお披露目された際、ボルボは、このクルマに搭載されるエンジンが2.0リッター4気筒の1種類で、これにいくつか出力特性のバリエーションを用意すると発表していた。その最上位グレードの最高出力は"400hp前後"とのことだったが、今回発表されたエンジンがこれに該当すると思われる。

このエンジンには、パラレル・ツインターボと電動式のターボコンプレッサーが組み合わされており、電動ターボコンプレッサーは直接シリンダーにではなく、ツインターボチャージャーに圧縮した空気を送り込むという。2基の燃料ポンプは250barの高圧で燃料を供給する。

その最高出力は現行の320hpをはるかに上回る450hpを発揮。リッター当たり225hpという数字は、メルセデス「CLA45 AMG」の4気筒ターボのリッター当たり177hpや、アルファロメオ「4C」のリッター当たり139hpを大きく引き離している。ロータリーエンジンのクルマは少ないので(実際の排気量には議論の余地があるが)、このエンジンを上回るようなクルマを探すとしたら、ケーニグセグ「アゲーラ One:1」(リッター当たり268hp)などのハイスペックなスーパーカーしかないだろう。

ただし、ボルボはこのエンジンがあくまで「パワートレイン・コンセプト」であると発表しており、市販車への採用については今のところ言及していない。だが、フラッグシップエンジンとして新型XC90に搭載されるに違いない、と我々は信じている。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Volvo High Performance Drive-E Powertrain Concept Photos

【PR】XC90の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2013 Volvo XC90 Photos

Related Gallery:Next-generation Volvo XC90 Interior Photos

Related Gallery:2015 Volvo Xc90 Teaser Photos

Related Gallery:2014 Volvo Xc90 Safty System

Related Gallery:Koenigsegg Agera One:1: Geneva 2014 Photos

Related Gallery:Koenigsegg Agera One:1 Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-07

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-08

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-09