ヘネシー社がスーパーチャージャー付き「HPE700 マスタング」を発表
Related Gallery:

ヘネシー・パフォーマンス社が最高出力717hp、最高トルク87.4kgmという2015年型「HPE700 マスタング」を発表した。

ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」の登場によって、現在マッスルカーの世界では「707」という数字が1つの目安となっている。ヘネシーのチューナー達が作り上げた最新コンプリートカーは、それを10馬力上回るというわけだ。

ベースとなったフォード「マスタングGT」の5リッターV8エンジンには、最大ブースト圧7.25 psiのルーツ式スーパーチャージャーが装着され、ノーマル比282hpも最高出力が向上。ヘネシー社によれば、0-60mph加速は3.6秒、クォーターマイル(約400m)加速は11.2秒、そのときの速度は131mph(211km/h)に達するという。チャレンジャー SRT ヘルキャットと同じくらいのパフォーマンスだ。

出力を高めるため、ヘネシーでは独自のキャリブレーション技術でエンジンを制御。大径スロットルボディや、アップグレードしたインジェクター、新開発の燃料ポンプ、ステンレス製エキゾーストが採用されているという。

さらに一層アグレッシッブなチューンも可能で、カーボンファイバー製のフロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザー、リアスポイラーからなる「カーボンエアロ」パッケージも用意されている。20インチ「H10」ホイールにミシュラン「パイロット・スーパー・スポーツ2」タイヤと、15.1インチのブレンボ製フロントローターを装備することもできる。

また、創設者のジョン・ヘネシー氏は、このHPE700 マスタングの発表時に、直噴2.3リッター4気筒のエコブースト・エンジンを搭載する新型マスタングのアップグレードについても言及。同社が過去にエコブースト・エンジンを手がけた経験もあることから「容易にチューニングできる」と語った。ノーマルの305hpから、375hp程度に引き上げることができるそうだ。

気になる価格だが、新型マスタング GTのベース車両込みで5万9,500ドル(約644万円)から。しかしながら、2015年型は500台限定とのこと。ヘネシー氏は、すでに十数台の注文を受けていることを、Autoblogに明かしてくれた。さらに詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


By: Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】HPE700 マスタングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Modern Studs

Related Gallery:Ferrari 458 Italia Photos

Related Gallery:Nook Color Pressefotos

Related Gallery:

Related Gallery:Caparo T1

Related Gallery:Nissan Serena 2011

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Samsung ATIV Windows 8 tablet hands-on

Related Gallery:2014 Subaru WRX: Spy Shots

Related Gallery:2010 Toyota Grand Prix of Long Beach Grid Girls