【ParisMotorShow2014】フィアット、小型クロスオーバー「500X」を発表
Related Gallery:

フィアットは、これまで何度もティーザー映像で予告してきた新型の小型クロスオーバー「500X」を、現在開催中のパリ・モーターショーでついに発表した。

500」、「500C」、「500L」と拡大中のチンクエチェント(イタリア語で500の意)のラインアップに加わった500Xは、要するにジープ「レネゲード」を丸くレトロな外観にしたモデルだが、我々の目にはなかなか魅力的に見えた。少なくとも同じようなコンセプトのMINI「カントリーマン」(日本名:「クロスオーバー」)よりは洗練されている。車台を共有するレネゲートに比べると、意外にも全長はわずかに長く、全高はやや低い。

スズキの「SX4」をベースにしていた「セディチ」(欧州市場向けモデル)の後継モデルとなる500Xは、2種類のボディスタイル(シティバージョンとオフロードバージョン)があり、140hpまたは170hpの1.4リッター4気筒ターボ「MultiAir II」、120hpの1.6リッター・ディーゼル「MultiJet II」、出力を抑えた110hpの1.6リッター「E-torQ」、パワフルな184hpの2.4リッター「Tigershark」と、多彩なエンジンが用意されている。ギアボックスは5速MT、6速MT、デュアルクラッチ式シーケンシャル6速ATに加えてフィアット初の9速ATもエンジンに合わせて設定され、駆動方式は前輪駆動(トラクション・コントロール・システム付き、または同システムなし)か、四輪駆動となっている。

ボディカラーは12色、インテリアは7種類、ホイールは8種類(16~18インチ)から選ぶことができるなど、成功している従来の500シリーズと同様、実に多様なカスタマイズを可能としている。500Xは、レネゲードと同じくイタリアのメルフィ工場で製造され、米国を含め100カ国以上で販売予定とのことだ。

新型500Xについての詳細は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】フィアット 500Xの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Hands-On: Motorola Citrus

Related Gallery:AudioPress Screen Shots

Related Gallery:

Related Gallery:Logitech Revue with Google TV hands-on

Related Gallery:Monday Night Combat (Spunky Cola Special DLC)

Related Gallery:

Related Gallery:Volkswagen Golf VII - Nueva York 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:The beautiful women of Tokyo 2009

Related Gallery:Nikon Coolpix S800c

Related Gallery:Power Gig's full-size, handmade guitar from First Act