ParisMotorShow2014 volkswagen Passat  GTE

新型パサート GTE は、先進の駆動システム、運転支援システム、インフォテインメントシステムを搭載。第8世代を迎えるパサートは、7月にその概要が発表されたが、 フォルクスワーゲンは、パリモーターショーを、この新型パサートGTE(PHEVを搭載する初のパサート) のワールドプレミアの場所に選んだ。新型パサートGTEは、ゼロエミッションと長い航続距離を両立したニューモデルで、セダンとヴァリアントの2モデルを投入。

Related Gallery:ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

「GTE」モードでは、スポーティな側面を披露。新型パサートGTEのプラグインハイブリッドは、 ガソリン直噴ターボエンジン(TSI)と電気モーターを組み合わせ。電気モーターは、外部電源によって充電されるリチウムイオンバッテリーから、エネルギーの供給を受ける。このバッテリーにより、新型パサートGTE は、フルEVモードで、最長50kmまでの距離をゼロエミッションで走行可能。シフトレバー横のボタンを押すと、フルEV モードに切り替わる。

ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

218PS、1,000kmを超える長い航続距離 「E-モード」とは対照的な走行モードとして、「GTE」モードかを設定。このモードもボタン操作ひとつで選択することが可能。「GTE」モードを選択すると、160kW/218PSの最高出力が得られ、スロットルやステアリングなどの設定も変化し、スポーツ性能が強調される。1.4リッターのTSIエンジンは、115kW/156PS/5,000rpmの最高出力を、電気モーターは85kW/115PSの定格出力を発生。PTEV システムの最大トルクは、400Nmです。TSIエンジンとの組み合わせにより、50リットルの燃料タンクを満タンにし、尚かつ、バッテリーをフル充電にした状態であれば、その航続距離は1,000kmを上回りる。静止状態から8秒以内で100km/hに達し、最高速度は220km/hを超える。 「E-モード」の最高速度は130km/h。

ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

フロントの上部には、専用のクロームラジエーターグリルに加え、ブルーのアクセントラインが入る。フロントバンパーのデザインも変更され、エアインレット下部のクロスパネルとC字形のLEDデイタイム・ランニング ・ライトが、GTEの専用パーツになる。バンパーと一体化されたLEDユニットはさらに進化し、一目でそれと分かる、PHEVのカリスマ的アイコンになっている。ブルーは、フォルクスワーゲンe-mobility のイメージカラーで、C字形のLEDデイタイム・ランニング・ライトとともに、フォルクスワーゲンのEVまたは PHEVモデルのアイデンティティになっている。

ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

新たな駆動システムを得た新型パサート GTE は、インテリアにも手が加えられた。駆動系の機能を表示するメニューについて、フォルクスワーゲン TEのエンジニアとインターフェイスのデザイナーは標準装備の"コンポジションメディア"インフォテインメントシステムやインストゥルメントパネルを PHEV専用として開発。ブルーのアンビエントライト、ブルーステッチ入りのレザー マルチファンクションステアリングホイールと専用のシフトレバー、 ブルーをベースに「セビリア」生地を用いたシートなどの細部についても、新型パサートGTEのために専用開発した。

ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

フォルクスワーゲンは、ガソリン直噴ターボエンジン(1.4 TSI)と3相の永久磁石同期モーターを新型パサートGTEの駆動源に用いている。電気モーターはターボタービンと同じように作動し、静止状態直後から330Nmの最大トルクを発生。電気モーターは、高電圧のリチウムイオンバッテリーで駆動。このバッテリーのエネルギー容量は 9.9kWh。システムパワーは、ハイブリッド用に専用開発された3個のクラッチを備えた 6速DSGを介して伝達。切り離しクラッチは、可能な場合にTSIエンジンをフロント駆動系から 切り離して、エンジンを停止させる。
「GTE」の 4 つのモードが ありますが、そのすべては、直感的に操作、選択することができます。インストゥルメントパネルのマルチ ファンクション ディスプレイには、現在、選択されているモードが表示されます。

ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

新型パサート GTE のバッテリーは、ラジエーターグリルの専用ソケットから充電することができるが、 それには2種類の方法がある。ひとつは、標準装備の充電ケーブルを230Vの電源ソケットに差し込む方法。バッテリーは、2.3kWのパワーレベルで AC充電され、完全放電している場合でも4時間 15 分でフル充電て可能。ふたつ目は、3.6kWのパワーレベルで充電できるガレージ/ カーポート用ウォールボックスを使用する方法。フォルクスワーゲンは、このウォールボックスをオプション設定。この方法によるフル充電は、わずか2時間30分で完了する。

ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

Related Gallery:ParisMotorShow2014 volkswagen Passat GTE

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:VW Passat 2015

Related Gallery:ParisMotorShow2014 volkswagen XL sport concept

Related Gallery:ParisMotorShow2014 volkswagen polo GTI

Related Gallery:Lamborghini Asterion LPI 910-4: Paris 2014 Photos

Related Gallery:2015 Ducati Scrambler: Paris 2014 Photos