【ビデオ】エコブースト搭載の新型フォード「マスタング」、ゼロヨンで12秒台を達成
Related Gallery:

フォード・レーシングは、搭載するエンジンが異なる3台の新型フォード「マスタング」で、タイムアタックに挑んだビデオを公開した。

ドラッグレースの世界で、常に主役に君臨してきたマスタング。その伝統を新世代のモデルに引き継ごうと、フォード・レーシングは今回のチャレンジを実行した。舞台となる米ミシガン州のUS131ドラッグウェイとミランドラッグウェイに集結したのは、5.0リッターV8自然吸気エンジンを搭載した赤のGTと、スーパーチャージャー付き5.0リッターV8エンジンの黒いGT、そして2.3リッター直列4気筒の低燃費エンジン「エコブースト」を搭載するシルバーの3モデル。なお、いずれのマスタングもフォード・レーシング・パフォーマンス製チューニングパーツや、ドラッグレース用タイヤを装着するなど、いくつかのモディファイが施されている。

クォーターマイル(約400m)の加速を計測した結果は、赤いGTが11.77秒、黒いGTは10.97秒。この2つの好記録も印象的だが、一番印象に残ったのは予想を上回る12.56秒をマークしたエコブースト搭載のシルバー・マスタングだろう。変更点はサブフレーム、ハーフシャフト、ドライブシャフトループ、エキゾースト、エンジンキャリブレーション、スリックタイヤ、ロールケージ、バケットシートと限られたものにも関わらず、この結果は上出来といえるだろう。

それではビデオをクリックして、3台のマスタングの走りをご覧いただきたい。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】マスタングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Dishonored (QuakeCon 2012)

Related Gallery:

Related Gallery:Style Throwback: The Bachelorette

Related Gallery:Honest Autocorrect

Related Gallery:

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Pentax X-5 con Super Zoom 26x

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 03

Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 05