「F1マシンを運転する」 そんなあなたの夢、叶えます
F1マシンを運転してみたいと思ったことはないだろうか? しかし、そんな夢を今から叶えるには、歳を取り過ぎた、技術がない、時間もお金もないと諦めていたあなたに朗報だ。北米に新しく出来たGP Experienceというプログラムが、ハイパフォーマンスカーや、F1マシンを運転する機会を与えてくれる。

このプログラムを受けると、まずゴーカートによる指導から始まり、スーパーカーのドライブへとステップアップしていく。もちろん最終的な目標は、GP Experienceが所有するF1マシンを運転し、コースを3周することだ。また、プロドライバーが運転する3人乗りのF1マシンに同乗して、サーキットを走るチャンスもあるそうだ。

当然ながら、昨シーズンのF1世界選手権でセバスチャン・ベッテルが乗ったレッドブルのチャンピオン・マシンを走らせるわけではない。GP Experienceによると、用意されているマシンは2005年から2008年にレースを走ったもので、コスワース、ジャッド、またはプジョーのV8もしくはV10エンジンを搭載し、最高出力は600hp以上だという。プレスリリースによると、初回のレッスンを修了した人はさらに訓練を続ければ、2012年にキミ・ライコネンがドライブしたロータス E20に乗れる機会もあるという。

同社は今年後半に、カリフォルニア州パーム・スプリングスにあるザ・サーマル・クラブや、フロリダ州のパームビーチ・インターナショナル・レースウェイなどのサーキットで、初イベントを開催する予定だ。参加料金は1日6,995ドル(約76万円)から。ちなみに、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでの2コース・プログラムの参加料金は9,995ドル(約109万円)となっている。

もちろん決して安い値段ではないが、F1マシンを運転できる機会は、めったにはない。死ぬまでにやりたいことリストに入れてはどうだろうか? 詳細を知りたい方はプレスリリース(英文)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】F1マシンを運転する夢をかなえる前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Turtle Beach / Call of Duty Ear Force gaming headphones hands-on

Related Gallery:Logitech Revue Google TV box

Related Gallery:

Related Gallery:Panoz Abruzzi on the track at Petit Le Mans

Related Gallery:Anna Wintour's Fashion Week Wardrobe (And Her Favorite Fur Coat)

Related Gallery:The Worst Jobs In America?

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 02

Related Gallery:Fiat Uno Cabrio Concept

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 02