【ビデオ】驚異の加速! 世界最速の公道仕様車は1998年式のシボレーのピックアップ
米オクラホマ州タルサ・レースウェイ・パークで行われた、ホットロッド専門誌『Hot Rod』が主催する「2014ドラッグ・ウイーク」で、意外なクルマが"世界最速の公道仕様車"のタイトルを獲得したというので紹介しよう。

ロードサーキットや競技場、ダートトラック、ドラッグレース用のコースでより速く走るために設計されたレース用車両とは大きく異なり、公道仕様車は法律で定められた様々な保安部品が装備されていなければならない。明らかに目的が違うし、本来ならば棲む場所がはっきりと分かれている。

そのことを踏まえると、"世界最速の公道仕様車両"を決めるレースというのは非常に興味深い。一体どんなスーパーカーが王座に就いたのか、と気になるところだろう。

ところが9月13日に「2014ドラッグ・ウイーク」のイベントとして行われた、公道走行可能車両限定の1/4マイル・ドラッグレース(日本でいう"ゼロヨン")で世界最速記録を叩き出したのは、なんとピックアップトラックの1998年式シボレー「S10」だったというから驚く。そのタイムは6.16秒、到達速度は約352km/hだったという。

その驚異的な速さをまずはビデオでご覧いただきたい。ドライバーのラリー・ラーソン氏と怪物ピックアップの詳細は、『Hot Rod』のサイトに紹介されている。"公道走行可能"を遙かに超えた仕様だという人がいるかもしれないが、堂々たる偉業を成し遂げたことにかわりはないだろう。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Motegi Super American Sunday Chevrolet

Related Gallery:2014 Chevrolet Silverado 'Strong' Campaign Photos

Related Gallery:2013 Ford F150 SVT Raptor Live Photos

Related Gallery:SEMA 2010: Airhead Kustoms Ford F-350 Super Duty

Related Gallery:Nissan Leaf Pickup Truck

Related Gallery:First Drive: 2011 GM HD Trucks

Related Gallery:1951 Fargo Truck on eBay Motors

【PR】シボレーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04

Related Gallery:Qualcomm twins show girls