【レポート】パリデビューのランボルギーニ新モデルはハイブリッド?
先日、ランボルギーニパリ・モーターショーで発表を予定している謎のモデルのティーザー画像を公開したが、その名前を表すと思われるロゴがリークされたのでお伝えしよう。

欧州共同体商標意匠庁(Office for Harmonization in the Internal Market:略称OHIM)によると、ランボルギーニは9月15日、"ASTERION(アステリオン)"という登録商標を申請したという。申請目的はクルマや衣料品、玩具、テレビゲームなどへの使用。ロゴの"O"の部分には稲妻が走っており、これは発表されるモデルがハイブリッドである可能性を示唆しているとも受け取れるわけだ。ただしそれが単なるコンセプト・モデルなのか、それとも今後発売されるプロダクション・モデルなのかという点については、未だ不明のままだ。

その名前からもある推測が浮かんでくる。"アステリオン"とはギリシャ神話に登場する人身牛頭の怪物、ミノタウロスを指す名前。頭が牛で身体は人間、つまり伝統的なランボルギーニのスタイルと、別の何かを掛け合わせた姿を暗喩するとも考えられるのだ。

ランボルギーニがハイブリッド車を発表する可能性については、それほど驚くものではない。フェラーリの「ラ フェラーリ」マクラーレン「P1」など、ハイブリッド・スーパーカーは最近の流れであり、ランボルギーニ社はすでに、アヴェンタドールスーパーコンデンサー付きスタート・ストップシステムを採用している。

10月2日、新しいランボルギーニのパリデビューがますます楽しみだ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2008 Lamborghini Estoque Concept

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:Paris 2008: Lamborghini Estoque LIVE

Related Gallery:Paris 2008: Lamborghini Estoque Concept

Related Gallery:Lamborghini Espada: SIS 2014

Related Gallery:Lamborghini Veneno: Geneva 2013 Live

Related Gallery:Lamborghini Egoista

Related Gallery:Lamborghini Urus: Beijing 2012

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Hands-On: Corning Gorilla Glass 2

Related Gallery:Toshiba Camileo Air10

Related Gallery:Hands-On: Samsungs WiFi-Kameras