【レポート】フェラーリ「458スペチアーレ スパイダー」がパリショーでデビュー
Related Gallery:

会長のルカ・ディ・モンテゼーモロ氏の辞任や、米国向けの限定モデルの発表で世間をにぎわしているフェラーリだが、10月に開催されるパリ・モーターショー 2014で「458スペチアーレ スパイダー」をお披露目する可能性が出てきた。

パリで新モデルを公開するという話は、以前モンテゼーモロ氏が明らかにしていたが、詳しい情報は一切明らかにされていなかった。しかし今回、フェラーリの内部関係者がクルマ情報サイト『4WheelNews』に、それが458スペチアーレのオープントップ・バージョンであると漏らしたそうだ。

458スペチアーレ スパイダーという名前からも想像できるように、「458スペチアーレ」と同じ最高出力597hp、最大トルク55.0kgmの4.5リッターV8エンジンが搭載されるとみられ、「458スパイダー」と同様にハードトップを格納してルーフを開けることができるようだ。ホイール、ストライプ、シートなどはクーペとは異なる新しいデザインのものが与えられるとのことだが、ルーフトップを格納するためにクーペの透明なエンジンカバーはなくなってしまうだろう。

当初、その販売台数は世界で限定458台になると噂されていたが、もっと増える可能性が出てきているという。というのも、内覧会で既に富裕層の予約が殺到したことに加え、新たに会長に就任するセルジオ・マルキオンネ氏が、年間7,000台以上は生産しないというモンテゼーモロ氏の方針を変更すると見られているからだ。

果たして何台の458スペチアーレ スパイダーが世に出回るのかはさておき、10月2日に開幕するパリ・モーターショーでのお披露目を楽しみに待つとしよう。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Amazon sends 'welcome packet' to prospective app store devs

Related Gallery:Lego City Undercover (E3 2012)

Related Gallery:SEMA 2010: Lexus RX 450h by Paul Tolson

Related Gallery:

Related Gallery:Warehouse Club vs. Grocery Store Prices

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 06

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 05

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 03