suzuki wagonR GS

スズキ株式会社のインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社は、9月18日からインドネシア・ジャカルタで開催されている第22回インドネシア国際モーターショーにおいて、小型乗用車「ワゴンR」の新グレード「ワゴンR GS」(現地名:Karimun WagonR GS)を発表、参考出品車や市販車などの四輪車を出品した。

18日に行われた記者発表で、スズキの鈴木俊宏副社長は「2015年の年初から、ジャカルタ東方にあるGIIC工業団地の新しい四輪車組立工場が稼働する計画である。これにより、インドネシア全体の生産能力は25万台となり、拡大するインドネシア市場の需要に対応するとともにアセアン地域およびその他の地域への輸出を強化する。」と挨拶。
「ワゴンR GS」(1,000cc)は、2013年11月に発売した「ワゴンR」の新グレードで、インドネシア政府のLCGC(Low Cost Green Car)政策に適合するモデルとしてSIM社で生産・販売。日本の軽乗用車「ワゴンRスティングレー」をベースとした、外観デザインと、黒を基調とした内装を採用、初めて車を購入する若年層を中心としたニーズに応えていく。

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:SUZUKI Alto eco

Related Gallery:SUZUKI HUSTLER

Related Gallery:SUZUKI CARRY

Related Gallery:suzuki_GSR250

Related Gallery:Suzuki Wagon R (2013.7.16)