FIAが2015年のF1のスケジュールを発表 メキシコGPが23年ぶりに復活
FIAが来季のF1(フォーミュラ・ワン)開催日程を発表した。これは9月13日に北京で開催された世界モータースポーツ評議会(the World Motor Sport Council)の後に決定されたものだが、レース数は過去の最多記録に並ぶ全20戦となっている。

F1のレース数は、数十年の年月をかけて徐々に増加してきた。1950年代から60年代後半まで年間10戦以下だったが、その後の10年間で急激に増加。80~90年代は毎年16戦前後の開催に留まっていたが、21世紀になると再びレース数は増え始め、2004年には18戦、2005年には19戦となり、2012年にはついに20戦の大台を記録した。

来季のF1グランプリ開催地は2014年シーズンとほぼ同じ顔ぶれだが、新たにメキシコが追加された。開幕戦は例年通り3月にオーストラリアで行われ、その後マレーシア、バーレーン、中国と続きヨーロッパでの第1戦となるスペイン、その後のモナコへと進む。6月にはカナダGPが開催されるが、その後再びヨーロッパへと舞い戻り、オーストリア、英国、ドイツ、ハンガリーでレースが行われる。それが終わると約1カ月の休養を経てベルギー、イタリアでの戦いが始まる。これでヨーロッパラウンドは終わり、次はシンガポール、日本、ロシア、そして米国、メキシコ、ブラジルへと続き、最終戦はアブダビだ。

オースティンでのUS GPとサンパウロでのブラジルGPに挟まれる形となったメキシコGPだが、当地で最後にF1グランプリが開催されたのは1992年で、実に23年ぶりの復活となる。

3月15日 オーストラリア GP
3月29日 マレーシア GP
4月5日 バーレーン GP
4月19日 中国 GP
5月10日 スペイン GP
5月24日 モナコ GP
6月7日 カナダ GP
6月21日 オーストリア GP
7月5日 イギリス GP
7月19日 ドイツ GP
7月26日 ハンガリー GP
8月23日 ベルギー GP
9月6日 イタリア GP
9月20日 シンガポール GP
9月27日 日本 GP
10月11日 ロシア GP(ソチ)
10月25日 アメリカ GP(オースティン)
11月1日 メキシコ GP
11月15日 ブラジル GP
11月29日 アブダビ GP


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Australian Grand Prix Photos

【PR】メキシコGPを観戦する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Sebastian Vettel's Gold Helmet 2013 German Grand Prix Photos

Related Gallery:Renault Energy F1-2014 Power Unit Photos

Related Gallery:Kamui Kobayashi: Caterham F1

Related Gallery:Lotus F1 E21 Photos

Related Gallery:Mercedes AMG Petronas F1 W05 Photos

Related Gallery:Twizy Renault Sport F1 concept car

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 07

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-30

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-37