英王室の第2子妊娠発表に、日産が素早くツイートできた理由とは?
英王室は去る9月8日、ケンブリッジ公爵夫人(ウィリアム王子の妻キャサリン妃)の第2子妊娠を公式に発表した。そのわずか7分後、日産自動車の欧州法人であるニッサンUKが、同社ツイッターアカウントでタイムリーなツイートをしたことが話題を呼んでいる。

その内容は、「三つ子が産まれたとしても、女王陛下の座る席は"まだまだ"あります」という粋なもの。リデザインされた7人乗りの新型「エクストレイル」の各座席に王冠が鎮座する画像も掲載されている。果たしてニッサンUKは、どうやってキャサリン妃のご懐妊を知ったのだろう? その答えは、"インターネットの噂"だ。

欧州における日産のメディア責任者デビッド・パーキンソン氏は、第2子妊娠の噂が立ち始めた7月に、この画像を広告代理店に準備させたという。同氏は、「噂の真偽は不明だったが、念のために用意しておいた」と米広告・マーケティング情報サイト『ADWEEK』に明かしている

今回、ニッサンUKと同社の広告・マーケティングを行うDigitasLBi Franceの関連会社BrandLiveが、インターネットでキャサリン妃妊娠の噂を発見。BrandLive社は、日産をはじめとする顧客のために役立つであろう情報を日々探しているが、今回はその積極的なアプローチが見事に功を奏したといえるだろう。おかげで、ロイヤルベビーに絡めたニッサンUKのツイートは、発表時から既に400件近くリツイートされている。
By Erin Marquis
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】エクストレイルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:HP Envy 14 Beats edition

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Poltrona Frau Luft, por Audi Design

Related Gallery:

Related Gallery:2014 Dodge Durango teaser

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Subaru WRX: Spy Shots

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 01