【レポート】Mr.ビーン、グッドウッド・リバイバルで衝突事故!
映画『デイズ・オブ・サンダー』の中に、俳優ロバート・デュバル演じるハリー・ホッグの「ぶつかりあいがなければ、そんなのはレースじゃない」というセリフがあるが、ピットに戻ればいくらでも修理してもらえるNASCARはともかく、少なくともビンテージカーのレースに出場しているドライバーなら、そうは思えないだろう。なにしろ貴重なビンテージカーの修理にはお金がかかるし、いくらお金を払っても2度と手に入らないパーツもあるのだ。先週末に英国で行われたグッドウッド・リバイバルで起きた衝突事故のドライバーも同じことを考えたかもしれない。

この有名なクラシックカーのレースに参加し、事故に巻き込まれたのは"Mr.ビーン"役として知られる英俳優のローワン・アトキンソン氏(上記写真はグッドウッド・リバイバル2012で撮影されたもの)。彼は、クラシックカーのフォード「ファルコン スプリント」でシェルビーカップのレースに出場したのだが、2台前を走っていたクルマが突然、スピン。すぐ前を走っていたドライバーはなんとか衝突を免れたが、アトキンソン氏はスピンしたクルマと正面衝突してしまったという。幸いにも、傷ひとつなく歩いてクルマから抜け出すことができたが、ファルコンがどれだけの損傷を負ったか分からないため、結局、レースはリタイアとなった。

ちなみに同氏は、無類のクルマ好きとして知られており、愛車のマクラーレン「F1」を時折走らせ(何度か大破させた経験も持つ)、英のクルマ雑誌にも時々寄稿までしている。人気自動車番組『トップギア』 の有名人がラップタイムを競うコーナーでは、最速の記録を打ち立てたこともある。また、自身の映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』の撮影用に、ロールス・ロイスを説得してV16のプロトタイプを借り受けたこともあるという。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Motegi Super American Sunday Ford

【PR】フォードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Ford Performance Vehicles Falcon GT F 351 and Pursuit Ute Photos

Related Gallery:Ford Mustang

Related Gallery:1968 Ford GT40 GulfMirage Monterey 2012 Photos

Related Gallery:1964 Ford GT40 Prototype Photos

Related Gallery:1965 Shelby Daytona Cobra Coupe CSX2601

Related Gallery:Motegi Super American Sunday Cobra

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-26

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-35