volkswagen WRC poloR

フォルクスワーゲンは、自動車レース(ラリー)の最高峰「FIA 世界ラリー選手権」の第 10戦「ラリー・オーストラリア」に3台の「ポロ R WRC」で参戦、チームとして初めて表彰台を独占し、2年連続でマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得した。
volkswagen WRC poloR

2014年9月11日(木)〜9月14日(日)にかけて開催された「ラリー・オーストラリア」は、ニューサ ウスウェールズ州のコフスハーバーを拠点とした「グラベル(未舗装路)ラリー」。競技区間は 20、SS距離315.30km、総走行距離948.10kmで争われた。

volkswagen WRC poloR volkswagen WRC poloR
volkswagen WRC poloR volkswagen WRC poloR

ラリーは11日にセレモニアルスタートが行なわれ、本格的な競技は12日から開始。先頭走者のオジェ選手は、序盤こそ浮き砂利でペースが鈍るものの、初日を終える頃には首位に浮上。僅差の2番手にラトバラ選手、ミケルセン選手が3番手に続いた。13日はオジェ選手とラトバラ選手、ミケルセン選手とライバルの激しい戦いが展開され、最終的には前日同様に3番手までを堅持。最終日の14日も3人は万全の走りで初の表彰台独占を成し遂げるとともに、2年連続でマニュファクチャラーズチャンピオンを決めた。

volkswagen WRC poloR

■ フォルクスワーゲン モータースポーツ ディレクター: ヨースト カピート 「これ以上の結果はありませんね。全員が一丸となって取り組んだことで、タイトルを防衛すること ができました。チームはすべてのスタッフと、我々を支えてくれた方々を誇りに思います」

■ カー#1: セバスチャン オジェ(フランス) 最終結果:総合1位「言葉にするのが難しいくらい、最高の気分です。チームで表彰台を独占し、なおかつチャンピオンを獲得できたのですから。次戦、母国フランスではドライバーズチャンピオン連覇に向け頑張ります」

■ カー#2: ヤリ‐マティラトバラ(フィンランド) 最終結果:総合2位「表彰台を独占し、チームのチャンピオン獲得に貢献できたことをうれしく思います。途中のタイムロ スがなければ勝てたかもしれないと思うと残念ですが、自分のパフォーマンスには満足しています」

■ カー#9: アンドレアス ミケルセン(ノルウェー) 最終結果:総合3位「今年4度目の表彰台は格別なものになりました。メカニックやエンジニアの努力、たくさんの人の応 援で得られたものです。最終日は前のふたりを追うよりも、ミスなく完走することに集中しました」

Related Gallery:volkswagen poloR WRC 10


第10戦「ラリー・オーストラリア」フォルクスワーゲンチームの模様を映像でご覧頂きたい。

OPENING

DAY1
DAY2

ALL




■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Volkswagen Polo Press Conference in Japan

Related Gallery:Volkswagen Polo official photos (2014.8)

Related Gallery:WRC2014 Polo R

Related Gallery:volkswagen WRC Rally finland 2014

Related Gallery:Volkswagen Polo R WRC 2013