皆さん、こんにちは。
最近、編集長に「動きが爬虫類みたいだ」と言われ、乙女心がズタズタに引き裂かれた、autoblog日本語版編集部のゆいです。
今回の試乗車は、そんな乙女心を引き裂かれた私にぴったり。
では、気合い入れてレポート開始!!

Related Gallery:volkswagen polo

今回の試乗車を見た第一印象は、『キャリアウーマン!』。
働く女性は美しい、素敵女子をしっかりサポートしてくれる1台!
早速、素敵女子の私も新型『フォルクスワーゲン ポロ』に試乗しました。
世界的にも人気が高く、日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014では外国車で初めてイヤーカーに選ばれたフォルクスワーゲンの『ゴルフ』。
1975年の登場以来、累計世界販売数は1400万台以上と、ゴルフと並ぶ人気車『ポロ』が登場したのです。
実は、『ポロ』ユーザーさんの半分近くが女性らしく『女性に乗ってほしい車』と、フォルクスワーゲンさんが推している車なのです。
女性の人気が強いコンパクトカー、フォルクスワーゲン『ポロ』が放つ魅力をしっかり体験しちゃいました!



緑が多くのどかな雰囲気の会場に、様々な色が並べられた新型ポロ。
先代の丸みのあるボディに比べて、少し角張ったデザインになったよう。
基本的なデザインは、先代のイメージを残しつつ、フロントグリル前後・バンパー・ヘッドライト・テールランプを最新のデザインに沿って変更したのです。
そのお陰で、シンプルかつクリーン、より高級感のあるボディですね。
私的には、断然今度のデザインが良いですね。
先代のデザインの丸さは可愛いのですが、ちょっと背伸びしたい私は、新型のデザインとカラーバリエー
ションの方が高級感増して魅力的かな。



落ち着きがあり大人を感じさせるインテリアは、ボディの高級感を引き立たせる為にブラックベースの配色。

volkswagen New Polo


今回から新しく採用したシートは、背面のチェック柄みたいなデザインがオシャレ〜。真っ黒の堅すぎるイメージも、ちょっとしたデザインがあるだけで、車内の雰囲気が柔らかくなる気がします。かっこよさも可愛さも、両方欲しい欲張りちゃんには、もってこいのデザインですね。
デザインだけではなく、座り心地も良い感じ。
硬めの座面に、体を包み込む様な安定感のあるフォルムだから、快適な姿勢で運転ができるよ。
センターコンソールも新しいデザインに変更になったなど、新型らしい新鮮さもありますね。

「コンパクトカーと言うだけあって、ボディは大き過ぎない、ジャストサイズで使い勝手も良さそうなんですけど...。」
「だけど、やっぱり車内は広い方が良いよね?」
そこは、問題ありません。
運転席と助手席の距離も近すぎず、後部座席も足を伸ばせる、ゆったりとした広さ。運転席も後部座席も変わらず広さを体感できるでしょう。



広いのは座席だけじゃないよ。
買い物が大好きな女性の皆さんには、嬉しい容量のラゲッジルーム。
たくさん買い物しても安心な広さ。
そして、女性の皆さんにお伝えしたい優しいポイントが!
段差が低いフラットフロアなので、カヨワイ乙女でも楽に荷物の出し入れができちゃうの。イエイ!
そして、このフラットさを演出しているラゲッジフロアボードも取り外しが可能なの。ちょいと荷物が多い時や高さがある物の時は、取り外しちゃえば問題ナッシング。
乙女心をドキッとさせる紳士的なさりげない優しさ
さすが、女性をターゲットにしているだけあるなぁ。

次は、安全性・機能性について見てみます。
昨年6月に発売されたゴルフに搭載されている安全装備が、新型ポロにも搭載されたんですよ。
フロントアシストプラス』により、ミリ波レーダーで前の車を検知しながら、衝突の危険を教えてくれたり、衝突を和らげ回避出来たり。起こってしまった事故の衝撃をエアバックのセンサーが検知することで、自動でブレーキをかけ10km/hまで速度を落とし、多重事故の危険を抑えてくれる『マルチコリジョンブレーキシステム』など、いいとこ取りのポロ。

Corbis

そんなポロの気になる機能が、車間距離を調節してくれる『アダプティブクルーズコントロール(ACC)』。
この機能すごく良いよね。仕事柄、長距離を運転することがしばしば。
「長距離の運転って疲れちゃうでしょ?」というか、疲れるんですよ!
そんな時って、油断しちゃったりして「あ!危なかったー!」って車間距離ギリギリの時があるんですよね。レーダースキャンで前の車との距離を測って、自動でスピードを調整しつつ一定の距離を保つ。
事故の不安を安心にかえる機能、本当ありがたい。

volkswagen New Polo
( リアビューカメラ/ルームミラー )

更に、駐車する時のサポート役が『リアビューカメラ』。
ギアを「R」に入れると、後ろの映像がセンターコンソール中央画面にガイドライン付きで見えるから、難しい車庫入れや縦列駐車のラクラク。
プロ並みになっちゃうかも!?

個人的に気になるのは『ルームミラー』。
「後ろの車のライト眩しいんですけど〜!」って、あるあるでしょ?
その心配も、ポロなら自動で反射光を抑えるのです。
「誰かが私にスポットライトを当ててる!?」って、勘違いしなくていいいですね(笑)


( TSI コンフォートライン/TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ )

さて、今回の新型ポロですが、『TSI コンフォートライン』と『TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ』の2つのグレードによって違いがあります。


( TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ アルミホイール )

まず、エクステリアでは、ホイールに違いがあります。
『TSI コンフォートライン』は、スチールホイール。
『TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ』は、アルミホイール。見た目のデザインも違うからチェックしてね。


( エアコン: TSI コンフォートライン/ TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ )


( TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ:ステアリング左側/右側 )

インテリアは、ステアリング・エアコン・ミラー。
『TSI コンフォートライン』のエアコン部分は手動。
対して、『TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ』は、自動で空調を調整してくれるフルオートエアコン(シートヒーター付き)、プラス、ステアリングには、オーディオなどの操作が出来るマルチファンクションステアリングホールが付いています。
私が気になっている自動防眩ルームミラーも、『TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ』に付いています。
機能では、リアビューカメラ・アダプティブクルーズコントロール(ACC)なども『TSI コンフォートライン アップグレード パッケージ』のみ搭載。

この違いは運転手にとってどっちにしようか悩むポイントかな〜。
もちろん、オートエアコンが良いしステアリングでオーディオ調整出来た方が良い。機能も多く搭載している方がいいけど...
値段も変わってくるので、お財布と相談しながら決めましょう!



さて、ここで問題です!(タラン♪)
ポロがもたらす、気持ちいい走りの3つの特徴とは?さてなんでしょうか!?
チッ・チッ・チッ...
はい、時間切れ〜。
正解は、1、力強い走り。2、滑らかな加速。3、低燃費。でした〜。



1.2ℓ TISエンジンで、更に軽く燃費を向上させながら力強い走りを。
7速DSGトランスミッションの2つのクラッチで、切れ目の無い滑らかな加速が可能になりました。コンパクトカーに多く搭載される、CVTやオートマチックトランスミッションに比べて、エンジンが生み出すパワーを無駄なくタイヤに伝えるから、スタート時も高速度道路もスムーズですよ。
気になる燃費も、もちろんアイドリングストップ搭載で低燃費に貢献。
今じゃ、アイドリングストップは必需品ですね。



今回ポロに試乗して、ストレスにならないスムーズな走りとしっかりとした力強いスピード感に私も納得。そう、この3つの特徴のおかげで快適な走りが出来ました。

さて、今回試乗した『フォルクスワーゲン ポロ』。
ボディカラーは全部で8色。
『サンセットレッドメタリック』・『トフィーブラウンメタリック』・『コーンフラワーブルー』・『オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト』は、新型からの新色らしい。
私は、『サンセットレッドメタリック』が、お気に入り。
試乗した『トフィーブラウンメタリック』も気になるけど、やっぱ赤い車に乗った女性ってかっこいいイメージ。
オシャレでかっこいい、キャリアウーマン的な女性が、ポロからおりる瞬間に髪をほどき長い髪がふわっとなびく。
って、妄想をしたくなる。
そんな憧れをも抱きたくなる、シンプルでありながらも上品さがあるデザイン。
5ナンバー車だからコンパクト!最小回転半径4.9mと小回りバッチリ。
低燃費なのに、力強いスピード。
使い勝手の良さやオシャレで上品なデザインが、女性人気を高めるポイントですね。
軽自動車よりもパワフルで、ワンランク上の車をお探しの方にオススメかな。



GO,Everyday.
『フォルクスワーゲン ポロ』に乗って、いつだって自分らしいライフスタイルを楽しんでみませんか?

最後に、私からautoblog読者の皆様へ。
記事を書き始めて三千里...なんちゃって!(すみません、3回目です。笑)
Facebook・Twitterのシェア。そして、記事へのコメント。
本当にありがとうございます!
記事を書き始めて間もない私にとって、皆様のご意見・ご感想はとても勉強になります。(毎回、ちょっとおちゃらけてしまい...すみません!)
車・バイクをはじめ、少しでも多くの方に乗り物の素晴らしさをお伝え出来ればと思っています。
皆さん!よろしく〜♪(笑)
さて、次はどんな素敵な車に出逢えるかな?

フォルクスワーゲン New Polo のTV CMはこちら!


フォルクスワーゲン グループジャパン 株式会社
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

New Polo スペシャルサイト
http://newpolo.jp/index2.html

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Volkswagen Polo official photos (2014.8)

Related Gallery:Volkswagen Polo Press Conference in Japan

Related Gallery:2015 VW Polo

Related Gallery:Volkswagen Polo BlueGT

Related Gallery:2010 Volkswagen Polo