【ビデオ】まるで深海のクラゲ! 暗闇で光るペイントを施したテスラ「モデルS」
今回は、暗闇で光るペイントを施した、テスラ「モデルS」を紹介しよう。

地球の海に生息する奇妙な生き物を追うドキュメンタリーの中で、魅力的なものと言えば発光する生物だろう。深海には、自らの力で光を放つクラゲなどの生物がおり、美しい縞模様をしていることが多いが、なんと、電気蛍光発光コーティング技術を専門とする研究開発企業、Darkside Scirntific社が開発した「LumiLor」というペイントにより、あなたのクルマも発光生物のようになれるという。

上のビデオに登場するテスラ「モデルS」のように、このペイントは暗い場所で鮮やかに光り、しかもボディの上でアニメーションさせることが出来る。しかし、日中の明るさの中では、外観は全くもって普通のクルマに見える。同社のウェブサイトによると、標準的なペンキ噴霧器を使って様々な色に塗装できるそうだ。ペイントは交流電流を使用して光らせるため、電子機器部品を装着する必要があるとのことだ。プラスチックやビニール、ガラスなどの素材にも対応する。しかし、長年使用していくうちに明るさが弱まる欠点があるとメーカーは認めている。ただ、どのくらいの期間で弱まるとまでは明言していない。

我々は今後も同社に注目し、LumiLorについて続報があればまたお伝えしよう。まずは、深海のクラゲのように不気味に光るテスラのビデオをチェックしてみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Tesla Model S: Quick Spin Photos

【PR】愛車に暗闇で光るペイントを施す前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Tesla Model S: the expensive version Photos

Related Gallery:Tesla Model S Owners Road Trip

Related Gallery:stolen Tesla Model S Crash in LA Photos

Related Gallery:2013 Tesla Model S in Tokyo Photos Part 2

Related Gallery:2012 Tesla Roadster Final Edition

Related Gallery:Tesla Model X Unveiling Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 03

Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on