【ビデオ】メルセデスF1マシンが滑走路でスーパーカーとドラッグレース対決!
スコットランドにあるエディンバラ空港の予備滑走路で、メルセデスのF1マシンがスーパーカーとドラッグレース対決を行った映像をご紹介しよう。

このレースは、英グラスゴーにあるホスピスを支援するチャリティー・イベントとして行われたもの。レースのコースとして滑走路が使われるのは珍しいことではない。セブリング・インターナショナル・レースウェイシルバーストーン・サーキット、そしてBBCの人気自動車番組『トップギア』のコースも、元はすべて軍用に使われていた飛行場跡地を利用している。ただ今回のイベントは、跡地ではなくジェット旅客機が離着陸するそばで、クルマ好きの慈善家に愛車のスーパーカーでドラッグレースをしてもらうという企画になっている。

今年のイベントにはフェラーリランボルギーニから日産「GT-R」テスラ「モデルS」まで幅広いパフォーマンスカーが集まった。同イベントのスポンサーを務めるメルセデスが用意したのは各AMGモデル、そして極め付けが2012年のF1世界選手権でミハエル・シューマッハニコ・ロズベルグが乗ったメルセデス AMG ペトロナス F1W03だ。

そのステアリングを握ったのは、元F1ドライバーで現在はFIA世界耐久選手権(WEC)のポイントリーダーであるイギリス人ドライバー、アンソニー・デビッドソン。メルセデス F1W03は0-100km/hまで2.9秒で加速し、5.7秒で200km/h、14.9秒で300km/h、そして20.2秒で310km/hの最高速度に到達したという。それがどのくらい速いのか見当がつかないという方も、マクラーレン650Sを圧倒するレースの様子を見れば、お分かりいただけるだろう。

それでは早速、F1W03が激走する様子をビデオでチェックしよう。同イベントについての詳細が気になる方は、プレスリリース(英語)を確認してほしい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】F1マシンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Hands-On: Google Nexus S

Related Gallery:

Related Gallery:Scion FR-S

Related Gallery:Scion FR-S

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Samsung ATIV Windows 8 tablet hands-on

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 04