mazda SKYACTIV-D

 9日マツダ株式会社は、「SKYACTIV技術」のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売台数が、2012年2月の「マツダ CX-5」導入以降2年7か月で、累計100,325台となり、10万台を達成したことを発表した。
mazda SKYACTIV-D
 「SKYACTIV-D」は、乗用車用量産ディーゼルエンジンとして世界一の低圧縮比(14.0)により、マツダ従来のディーゼルエンジンと比較して約20%燃費改善し、低速域の大幅なトルク向上を実現、高価なNOx後処理装置なしで、グローバルにおける排出ガス規制をクリアといった特長を持つ。
 一般的にディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比較し燃費がよく、燃料コストに優れることが知られていますが、近年は大トルクによる走りのよさも注目を集めている。
 「CX-5」発売以降、2012年11月の新型「アテンザ」、2014年1月の新型「アクセラ」の導入もあって、国内のディーゼル乗用車市場は2011年の約9,000台から、2013年の約75,000台へと急拡大しており、2013年にはその6割にあたる約45,000台が「SKYACTIV-D」搭載車となっている。
2014年8月末調べでは、「SKYACTIV-D2.2」搭載車累計台数は、「CX-5」72,182台、「アテンザ」23,524台、「アクセラ」4,619台。

mazda SKYACTIV-D

 マツダは、小型化した「SKYACTIV-D 1.5」を今秋発売予定のコンパクトカー、新型「マツダ デミオ」に搭載する予定。


Related Gallery:mazda SKYACTIV-D

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mazda6 Skyactiv-D Racecar: Detroit 2013 Photos

Related Gallery:Mazda SKYACTIV-D RACING: Tokyo Auto Salon 2013

Related Gallery:2014 Mazda CX-5 Photos

Related Gallery:KENSTYLE Mazda CX-5 : Osaka Auto Messe 2014

Related Gallery:Mazda Demio at Roppongi