peugeot motorsports

FIA 世界ラリークロス選手権のフランスラウンドがロエアックで開催され、チーム・プジョー ‐ハンセンがポディウムフィニッシュを果たした。

フランス、ブルターニュ地方に位置するロエアックには、7万人を超える熱狂的なファンが集まり、プジョーのティミー・ハンセンはファイナルで 2 列目からスタート、レースは接戦となりラップタイムは 1 秒単位の僅差となった。 ハンセンは大観衆を前に積極的なレース運びを見せ、チームにとって3戦連続となるポディウムフィニッシュを獲得した。

peugeot motorsports

●ティミー・ハンセン
「フランスでプジョーがポディウムに上がることができて最高の気持ちです。その役を担えて嬉しい。」

●ケネス・ハンセン(代表)のコメント
「嬉しいです。流れが来れば勝つこともできるはず。」 「プラクティスとヒートステージが終わった時点で、我々が大きく前進したことが証明されました。」

●ブルーノ・ファミン(ヘッド)のコメント
「パフォーマンスでは、明らかに前進しました。」 「マシンが見せたパフォーマンスのレベルにとても満足しています。2 台のマシンが揃ってファイナルに進出した ことが、チーム、マシン、ドライバーたちが持つ競争力の高さを表しています。」

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:X Games LA 2013 RallyCross Photos

Related Gallery:RallyCar Rallycross at New Jersey Motorsports Park

Related Gallery:2013 Global Rallycross Dodge Dart

Related Gallery:X Games 16 SuperRally

Related Gallery:Peugeot 208 GTi 30th Anniversary Edition