9月4日に日本・アメリカ・スペインで初公開された新型「マツダ ロードスター」。今回はAutoblog US版から、カリフォルニア州モントレーで開催された新型「MX-5 ミアータ」の発表会に参加した、Autoblog Executive Editorで2代目NB型MX-5オーナーでもあるChris Paukertによる記事をご紹介しよう。

Related Gallery:2016 Mazda MX-5 Miata Reveal Photos

これからご紹介する筆者のノートは、完全に公平無私である、とは言えないかも知れない(何しろ私は2世代目NB型を所有し、現代の自動車界においてミアータは神聖な存在であると考える者であるからして)。しかし私は新型MX-5 ミアータを見たときの正直な感想を、良いところも悪いところも、皆さんにお伝えしたいと思う。


マツダは現行のNC型ミアータよりも100kgの軽量化を果たしたという。ということは新型ミアータの車両重量はざっと1,000kg程度と推測される。さらに安全性と剛性が向上し、装備が充実して、より洗練されたとするならば、これは驚くほど見事なエンジニアリングだ。実際、2代目NB型よりも軽いことになる。

第一印象。新型は驚くほどコンパクトで曲線的だ。オーバーハングは短く、デザイナーのデレク・ジェンキンスによれば「極端に低い」フードライン(ボンネット)を持つ。今日の対歩行者衝突保護基準を考えれば信じられないほどだ。装飾の類はほとんどなく、時代を重ねても古びない形だと個人的には思う。

MX-5らしさは保っているが、これまでのモデルに所々見られたマンガチックで親しみやすい丸さが失せ、よりアグレッシブさが増している。

小さくて軽量なLEDヘッドライトの鋭い目つきが、その下に大きく開いたエアインテークとの対比により引き立って見える。

全体のスタイルはクリーンで、キャラクターラインはほとんど入れられていないが、ドアとフェンダーに魅力的な膨らみが見られる。ドアのラインはこれまで通りJ型に跳ね上がっており、後輪との調和した関係性により後輪駆動のプロポーションが強調されている。フェンダーに装着されたサイド・ウインカーのレンズは素晴らしくデザインされたディテールで、視覚上のアクセントを加えている。



大きく絞られたリアエンドのデザインは、このクルマで最も議論を呼ぶ部分だろう。テールランプの形は言うまでもなく、内側に向かって付けられたカーブなど、ほとんど縮小されたジャガー Fタイプのようだ。リア・バンパーはこれまでのモデルよりもボディとの一体感が増し、全体的な後ろ姿はよりたくましく見えるが、あまり可愛くない。個人的にはカッコ良くなったとは思うが、主にテールランプの造形のせいで、既視感を覚えることも事実だ。

マツダによれば新型は全高も低くなっているという。確かにボディがより低くホイールを抱えているように見える。しかし、初代ミアータ産みの親の1人である俣野努氏は筆者にこう教えてくれた。「見てごらん、これは展示用の"デザイン・モデル"だ。この車高は燃料を満タンにしてドライバーが乗った状態を再現した"デザイン・ハイト"で、量産モデルを駐車場に停めると必ずしもこうはならない」。言い換えれば、この展示車は空車状態の市販モデルより車高がいくらか下げられているということだ。

今回の発表イベントでは2台の新型ミアータが展示されていたが、どちらもボディ・カラーは「ソウル・レッド」だった。場内でアンベールされた右ハンドルのプロトタイプは、16インチの4穴ホイールを履いていた。屋外に置かれた左ハンドルのファイバーグラス製モックアップには、17インチ・ホイールが装着されていた。

マツダによれば走行可能なプロトタイプは今のところ世界に3台しか存在せず、1台はこの会場に、もう1台はバルセロナ、そして残りの1台が東京(実は千葉だけど)で公開されたという。

インテリアは使われている素材と全体的な美観が大きく改善されたように見える。そしてこれは大事なことだが、間違いなく居住性も向上したと思われる。これは現行モデルで改善が必要とされていたことだ。

中央に位置するタコメーターや、適切な位置にあるハンドブレーキ、短くてしっかりしたシフトレバーなどは全て操作性優先のデザインに見える。ステアリング・ホイールの形状は細過ぎず、太過ぎず、申し分ない。素晴らしい。

ボディ・サイズは小さくなったにも拘わらず、マツダの公式発表によればNC型と同等のヘッドルームと室内長は維持されているという。

ドア・パネルの上部のみ、美しいボディ・カラーで塗られている。インフォテインメント・スクリーンは全車に標準装備されるわけではないだろう。このタブレットを後付けしたような搭載方法に、多くの読者が美的な疑問を感じていることはよく分かっている。しかし少なくともダッシュボードは薄くてシンプルなデザインに仕上げることが出来た。これによってキャビンの視界と開放感は改善されたと言うべきだろう。

外に置かれたモックアップには、6速シフトレバーのすぐそばにスポーツモード・スイッチがあることが気になった。マツダの車両開発エンジニアであるデイヴ・コールマン氏に訊いてみたら、マニュアル・トランスミッションにはそんなものはないと保証してくれた。このモックアップでは、シフター周りのパネルがうっかりAT用になっていたらしい。マニュアルのミアータは常時スポーツモードであるべきだ。

センター・コンソールとバルクヘッドには物入れらしきフタがあり、助手席側ニー・サポートにプラグの差し込み口が見られた。1人のエンスージァストとしてはどうでもいいことだが、後付けのようなカップホルダーも装備されている。



エンジンの排気量や出力について、マツダは未だ沈黙を守っている。しかしそれがスカイアクティブ技術による自社開発の直噴ガソリン・エンジンであることは確かで、US仕様のモデルはおそらく自然吸気2.0リッター直列4気筒になるのではないかと予想される。ターボが付く可能性もある。スペックは10月のパリ・モーターショーで公開されるだろう。

パワートレインの展示モデルによって、フロント・ミドシップ・レイアウトであることは判明した。エンジン・ブロックは、フロントの車軸より後方に位置する。これは理想的な前後重量配分を実現するためには有利だが、車内スペースにとっては不利である。この種のクルマでは典型的なトレードオフの関係だ。

マツダは既に、この新型MX-5では新たにデュアルピニオン式の電動パワー・ステアリングを採用すると発表している。他のメーカーと比べると、マツダのエンジニア達はこれまで、電動パワー・ステアリングのフィールに関しては上手くチューニングしてきたが(RX-8や新型マツダ3マツダ6に乗れば分かるだろう)、新しいMX-5のパワー・ステアリングをどのように設定するかによって、その将来が左右されると言っても過言ではない。

ハードトップ・クーペ・バージョンまたは開閉式ハードトップが追加されるという噂について、マツダの広報は丁重にそれに対する答えをはぐらかしていたが、ミアータの父である俣野努氏は筆者の前でハードトップ・クーペ・モデルの案に対する支持を表明していた。「これをベースにクーペ・モデルの"クラブ・レーサー"を作るというのは意味があることだ。(ソフトトップなど)色んなものを取り外してもっと軽くできる」。とはいえ俣野氏はすでにマツダを離れているため、本当にクーペが開発されているかどうかについて、個人的に何かを知っているわけではないそうだ。

おそらく、先代同様にパワー・リトラクタブル・ハードトップ(RHT)も用意されると思われるが、今回は公開されなかった。布製ソフトトップについては素材も開閉方式もNC型と同じように見えた。しかし、ウインド・スクリーン上部のノッチには気が付かなかった。ひょっとしたらフル電動開閉式になるのかも知れない。

発売日についてはまだ発表されていない。しかし2016年モデルということなので、2015年1月1日より前ということはないだろう。来年の第3四半期(夏が終わる前)あたりになるのではないだろうか。おそらく後ほど販売ディーラーには伝えられることだろう。市販型もこのプロトタイプとそれほど大きく違わないはずだ。

ミアータは、マツダの経営を支えるモデルというわけではない。大雑把に見積もっても、全世界におけるマツダ車の販売台数の中で1%を占める程度だろう。しかし、間違いなく、それは会社にとって最も重要な製品だ。マツダの精神的な柱であり、倫理的価値の中心に位置するモデルなのだ。

さらにこの、世界で最も売れているロードスターは、世界中のエンスージァストにとっても精神的な柱であり、倫理的価値の中心に位置するクルマでもある。実際に走り込んでみればはっきりするだろうが、しかし一目見ただけでも、新しい4代目ミアータほど愛されるライバルは他にない。これは逆に言えば危機的状況だ。私の銀行預金にとって。


By Chris Paukert(訳:Hirokazu Kusakabe)

アメリカ版記者の感想は如何だったろうか。日本の発表会に参加した記者もほとんど同じようなことを思ったが、しかし、エンジンの排気量が2.0リッターでターボも有り得るとか、完全電動式のソフトトップが採用されるというのは、アメリカならではの希望的観測かなという気もする。現行モデルより細いタイヤはパワーダウンを想像させるし、それを補う意味でも熱心に取り組んだ軽量化を損なうような電動式ソフトトップの搭載は疑問、というのが日本版記者の意見だ(舞浜でトップを開閉するところを目撃した日本版編集長の話では、とりあえず展示車は手動だったということだ)。とはいえ最大のマーケットであるアメリカ向けとして、"重くてパワフルで快適な"仕様が用意されないとは限らない。あるいは足回りが強化されたクーペ+ターボのバリエーションが登場するなら、それはもちろん歓迎したいところだ。今後の発表がますます楽しみである。


マツダ公式サイト:ROADSTER 25th ANNIVERSARY
http://www.mazda.com/jp/stories/history/roadster/roadster_25th/


■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2016 Mazda MX-5 Miata Reveal Photos

Related Gallery:mazda roadster

Related Gallery:Mazda Roadster Thanks Day In Japan

Related Gallery:Mazda Roadster Design Model

Related Gallery:MAZDA ROADSTER THANKS DAY IN JAPAN

Related Gallery:Mazda Roadster (2014.9)

【PR】ロードスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Mazda Roadster

Related Gallery:Mazda MX-5: New York International Auto Show

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-23

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-24

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-25