フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、今年1月から販売を始めた新型「ゴルフ ヴァリアント」に、国内で販売する「ゴルフ」シリーズとしては初めてとなるR-Lineモデルの「ゴルフ ヴァリアントR-Line」の販売を開始した。
Related Gallery:2014 VW Golf Variant R-Line

今回導入されたR-Lineは、同シリーズの上級グレードである、「TSIハイライン」をベースに、フォルクスワーゲンR GmbH社が、ゴルフヴァリアント用として企画、開発したR-Line専用パーツを内外装に装着したモデルだ。

フォルクスワーゲンR GmbH社とは、現在、国内で販売しているゴルフシリーズ最強のロードゴーイングカー「ゴルフR」や、世界ラリー選手権で参入初年度に総合優勝という 快挙を達成した「ポロR WRC」などの本格的なレースマシンの企画、開発などを一手に手掛けるフォルクスワーゲンのインハウスチューニングメーカーだ。



外観はフロントとリヤにR-Line専用のバンパー(リヤはディフューザー付き)が装着され、引き締まったスタイリングに仕上がっている。

また、サイドビューは、サイドスカートと専用デザインの5ダブルスポーク17インチアルミホイール、さらには、フロントグリルに取り付けられた"R-Line"ロゴ入りエンブレムなどによって、標準仕様のゴルフヴァリアントとは一線を画す、スポーティでありながら洗練された雰囲気を醸し出している。


内装も同様に、シートには、"R"ロゴの刺繍が入ったR-Line専用のファブリック&アルカンターラスポーツシートを採用。

レザーステアリングの中央下部には、"R"のロゴプレートが取り付けられ、さらに、アルミ調ペダルクラスターなどとあいまって、座った瞬間から、ドライバーのプライドと気持ちを熱く高揚させる仕様となっている。

ちなみに、R-Lineは、TSIハイラインと同様に、1.4リッターのシングルターボTSIエンジンと7速DSGトランスミッションを搭載し、すぐれた環境性能と動力性能をそなえている。なお、価格は359万円(税込)だ。

日本では、スポーツワゴンのニーズはまだまだある。本国でも設定がないので、実現は難しいかと思うがGTIのヴァリアントの登場も期待したい。

Das Auto. Magazine - Ogier for a day - WRC



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 VW Golf Variant R-Line

【PR】ゴルフ ヴァリアントの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Volkswagen Golf Variant

Related Gallery:Volkswagen Golf Variant Concept R-Line: Geneva 2013 Photos

Related Gallery:2015 Volkswagen Golf R: First Drive Photos

Related Gallery:Volkswagen Golf R 400 Concept Photos

Related Gallery:Volkswagen Golf R400 Concept: Beijing 2014 Photos

Related Gallery:2014 Volkswagen Golf R: Frankfurt 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-04