トヨタは、高級4ドアセダンの「マークX」をマイナーチェンジするとともに、鮮やかなイエローカラーが映える、特別仕様車の「250G"イエローレーベル"」を9月1日から発売した。
Related Gallery:2014 Toyota Mark X 250G Yellow Lavel


特別仕様車は、「250G」「250G Four」をベースに、上質感とインパクトをあわせ持つカラーデザインをテーマに仕立てられている。

なお、外板色には、特別設定のアウェイクンイエローの他、ブラック、シルバーメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプションカラー)の3色が用意される。


内装色は写真のイエロー×イエローとブラック×ブラックの2色が設定されている。イエローの外装カラーのモデルでも内装までイエローが採用されているモデルは意外と少ない。

そういう面でも、この特別仕様車のイエローレーベルは、他のモデルに比べ、イエローへのこだわったモデルに仕上がっているのだ。

シート表皮(専用ファブリック)や本革巻きステアリングホイールなどにもイエローステッチをあしらい、上質でスポーティな仕様に仕上げられている。


フロントのステンレス製ドアスカッフプレートもイエローのロゴが使われるなど、細かい点までイエローにこだわったモデルとなっていっている。

マークXでは初のカラーだが、イエローカラーのセダンは意外と多く、過去にはマツダアテンザ」やスバルレガシィ」、日産スカイライン」、三菱ランサーエボリューション」などのスポーツセダンで採用されていた。

余談だが、トヨタ「クラウン」タクシーはイエローにカラーリングしている会社も多い。クラウンをイエローにせず、ピンクにしたのはそういう側面もあったかもしれない。

最近のトヨタは、ピンククラウンに次いで、マークXでイエローが登場するなど、カラフルな高級セダンを展開してきているが、次はどのような鮮やかなカラーで挑戦してくるか注目したい。

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Toyota Mark X 250G Yellow Lavel

【PR】Mark Xの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Toyota Mark X

Related Gallery:OSAKA AUTO MESSE 2013 PINK CROWN

Related Gallery:Monterey 2008 Yellow Rolls-Royce Phantom Drophead Coupe

Related Gallery:Range Rover Evoque Sicilian Yellow Limited Edition

Related Gallery:Nissan NV200 Taxi of Tomorrow Photos

Related Gallery:2014 Ford Transit Connect Taxi Photos

Related Gallery:2013 Nissan Leaf NYC taxi Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-04

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA