【ビデオ】最高出力800hpにカスタマイズされた日産「ジュークR」のニュルでの走り
コンパクト・クロスオーバーの日産「ジューク」に「GT-R」のパワートレインを移植した、最高出力545hpの「ジュークR」の登場は実に衝撃的だったが、今回はロシアのチューニング会社「Shpilli Villi Engineering」がジュークRをさらにチューンアップしたクレイジーなクルマをご紹介しよう。

Autoblogでは昨年、Shpilli Villi Engineeringが手を加えた最高出力700hpのジュークRをご紹介した。同車は1マイル(約1.6km)のドラッグ・レースでブガッティ「ヴェイロン」と対決し、ヴェイロンを負かすことはできなかったものの、その差はわずか0.01秒以下だった。

今回のジュークRは800hpにまでパワーアップ。しかも、ナイトラス・オキサイド・システム(亜酸化窒素噴射装置)を使えばさらに200hpの出力向上が可能だというから驚きだ。そのパワーを受け止められるように、シャシーやサスペンションにはノーマルのGT-Rから移植したパーツなどを組み込み、強化されているという。駆動系は4輪駆動から後輪駆動へ切り替えも可能だそうだ

このジュークRのオーナーであり、レーサーのウラジミール・ウラノフ氏は、あの有名なニュルブルクリンク北コースでテスト走行を行った。最高出力800hpを発揮する同車にとって雨で濡れた路面は何とも走りづらそうで、走行中に何度かバランスを崩している。同乗者が最後のほうで少し取り乱していたのも十分理解できる。それでは、驚異的な改造ジュークRの走りをビデオで見てみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Razer Naga wireless MMO mouse, Ironclad mousepad

【PR】ファンキーなジュークの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:HP Mini 210 hands-on!

Related Gallery:2014 Dodge Durango teaser

Related Gallery:

Related Gallery:Leica M9 Titanium by Walter de'Silva

Related Gallery:

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 03

Related Gallery: