【噂】ワンオフのフェラーリで有名な元映画監督の新モデルは、ホンダのエンジンを採用?
元映画監督でカーコレクターとしても知られる(投資家でもある)ジェームズ・グリッケンハウス氏。彼はフェラーリ「エンツォ」がベースの「P4/5ピニンファリーナ」や、「F430」がベースの「P4/5コンペティツィオーネ」という2台のワンオフ・モデルを生み出してきた。そんな彼が次に、一から作り上げている「SCG 003」というオリジナル・モデルのパワートレインについて、ホンダ製の3.5リッターV型6気筒エンジンを採用するかもしれないと、米自動車情報サイト『Jalopnik』が伝えている

『Jalopnik』のこの記事では、ホンダ製の3.5リッターV型6気筒エンジンにツインターボチャージャーを組み合わせることで、最高出力は500hpにまで引き上げられると伝えている。

ホンダのV6といえば、「J35Y」型の可能性がある。 このエンジンは北米仕様の9代目「アコード」(最高出力278hp)やアキュラ「MDX」(最高出力290hp)、アキュラ「RLX」(最高出力310hp)に搭載されており、また、ホンダの米国モータースポーツ部門、ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)が今年のデイトナ・プロトタイプ・クラスに供給したレース用エンジン「HR35TT」のベースとなっていることでも知られている。さらに『Jalopnik』によれば、電気モーターによるアシストを加えたハイブリッドになるかも知れないという。取り敢えず続報を待ちたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Glickenhaus Ferrari P45 Competizione

【PR】「SCG 003」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Ferrari P4/5 Competizione at the Nurburgring Photos

Related Gallery:2011 P4/5 Competizione Nurburgring tests

Related Gallery:Ferrari P4/5 Competizione

Related Gallery:Ferrari P4/5 by Pininfarina

Related Gallery:Honda HPD Supercharged CR-Z Concept SEMA 2012 Photos

Related Gallery:2014 Honda HPD CR-Z Quick Spin Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-01

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-03