【レポート】フォルクスワーゲン「ゴルフ」の8代目が、早くも2017年には登場か?
フォルクスワーゲンの主力モデルとして知られる「ゴルフ」。日本でも2013年に7代目が発売されたばかりだが、どうやら8代目となる次期型の開発がすでに始まっており、早ければ2017年には発売が開始されるという噂を、ドイツの自動車雑誌『Auto Motor und Sport』が伝えている

その記事によれば、次期型モデルはスタイリングが現在のものから一新されるという。よくあるフロントとリアエンドのデザイン変更だけでなく、車幅が拡大し、着座位置は低くなるそうだ。

だが、次世代ゴルフで本当に注目すべき点は、より洗練されたパワートレイン、インフォテインメント・システム、そして安全技術だろう。欧州の厳格な排出ガス基準に対応するため、フォルクスワーゲンはエンジンを改良し、車両重量を約40kgほど軽量化。いくつかのパワープラントに気筒休止機構を採用し(現行型の1.4リッター TSIエンジンにも採用されている)、3気筒エンジンも用意されるかも知れない。さらなるCO2排出削減を目指し、可変圧縮比エンジンや電動ターボ・システムも採用されるという噂もある。

それ以外の技術は年内に欧州で発売予定の「パサート」から流用されるとのこと。また、歩行者認識システム、パーキング・アシスト、ヘッドアップ・ディスプレイ、MillorLink(ドライバーのスマートフォンのインターフェイスをインフォテインメント・スクリーンに映し出す仕組み)なども採用される。

同社のメキシコ工場で7代目の生産が開始されてから間もない時に、まさかの8代目登場の噂。アメリカとヨーロッパではモデルチェンジの時期が異なってくる可能性もある。続報を待とう。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】ゴルフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:SEMA 2010: Ford Fiestas

Related Gallery:

Related Gallery:Swirly SMS

Related Gallery:Yaris2013

Related Gallery:Galaxy S 4 mini

Related Gallery:

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Subaru WRX: Spy Shots

Related Gallery:SIS companion girls

Related Gallery:The Girls of Shanghai 2007